2008年03月02日

LIVE「Come Hell Or High Water」

1993年に行われた、リッチー・ブラックモア在籍最後となるDEEP PURPLEのツアーDVDの抜粋を、MUSIC AIRで放送したものを観ました。
1曲目の「Highway Star」、リッチーおじさまはいません。
途中から出てきて、眼を伏せて何気なさそうに弾きながらジョン・ロードの方に歩いてきたなー、と思ったら、飲み物の入ったコップを掴んでカメラに投げつけるおじさま。
・・・すてきです・・・(←ばか)。
その後も、演奏中にも関わらずカメラマンに向かって腕を上げて何かを指示するおじさま。
・・・すてきです!(←ばか)
このツアーを最後におじさまはDEEP PURPLEを脱退してしまうのですが、脱退するからといって手抜きなわけでもないみたいです。
手癖みたいにするすると弾く手の動きは滑らかで速くて、いつもながらどうやって弾いているのか分からない。
表情をさほど変えるでもなく、しかも眼はほとんど閉じているように見えます。
音がひとつひとつクリアで聞きやすいおじさまの音に、ジョン・ロードの情感たっぷりで迫力ある音が重なると、思わず聞き惚れてしまいます。
イアン・ペイスはにこにこと叩いていて、なんだかステージ上にあふれている緊張感を少しほぐしてくれる感じがします。
ロジャー・グローヴァーはおじさまを含むほかのメンバーとアイコンタクトしたり絡んだりするシーンが一番多い。
イアン・ギラン。あんまり声が出てなかったかな(^^; シャウトもなんだか苦しそうで、たまに耳障りになっちゃったりして残念でした。
DVDは持っていないのですが、番組を観たら無性に欲しくなってきました(−−;
posted by kana at 02:46| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2008年03月01日

「ザ・ロック・マスターズ『ロック・ギタリスト列伝』」#5

WOWOWで放送された番組です。伊藤政則さんがナビゲートで、レア映像満載の番組だそうです。
今回は「ロック・ギタリスト列伝」というシリーズが組まれていたようなのですが、その5回目がCheap Trickのリック・ニールセンを取り上げていて、1979年2月10日にイギリス・ブライトンで行われたライブ映像を流してくれました。
放送された曲は以下のとおり。

Hello There
Come On, Come On
Stiff Competition
Ain't That A Shame
Need Your Love
I Want You To Want Me
California Man
Surrender

ロビン・ザンダーがかわいいなあ・・・と見とれていると、すかさず画面に入り込んできておかしな行動をしているリック・ニールセン。
カメラ目線だったり舌を出していたりピックを投げたり口に入れたり頬に貼ったり(^^; ちっともじっとしていない。
でもやっぱりギターテクニックはさすがで、ギターソロでは3本も重ねて提げたギターを巧みに弾きこなしていました。
私が彼らを知ったのは80年代の「The Flame」からなのですが、70年代の曲を後から聴いてますます好きになりました。
Cheap Trickといえば「at武道館」。1978年の来日ライブを収録したこのアルバムによって、彼らは「逆輸入バンド」としてブレイクすることになりました。
あれから30年。2008年4月24日、彼らはまた武道館にやってきます。しかもあのセットリストを再現してくれるらしい。
行かなきゃ!ということでチケット買いました。すっごく楽しみ(^^)
posted by kana at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

再開

年末年始のごたごたなどですっかりご無沙汰してしまいましたが、そろそろ再開します、このブログ。
読みにきてくださる方、ありがとうございます。大変遅くなりましたが今年もよろしくお願いいたします。
3月になったら再開しようと思った、その最大の理由はやっぱりXの「攻撃再開」でしょうか。
今月末、ついに彼らが復活します。なんとなんと、2日目と3日目のチケットを確保できました♪
わくわくしすぎて、考えただけでテンションが上がってしまうのでなるべく考えないようにしている毎日です。
再開といえば年末年始のライブのあと、冬眠していた廣嶋とJulianも今月から活動開始。
廣嶋は新しいアルバムが出るし、Julianは今年から4人編成。両方ともとても楽しみです。
今年も春がやってきます(^^)
posted by kana at 03:38| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年12月11日

Happy Birthday,Nikki Sixx vol.3

49歳だそうです。
全然そうは見えない、いつまでも若くてかっこいい。
今は「HEROIN DIARIES」関連の仕事で忙しそうですが、また来日してくれないかな。
そしてまたいつか、モトリー来日してくれる日も待ってます。
お誕生日おめでとう、生まれてきてくれてありがとう!
posted by kana at 11:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(1) | 大切な日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

忘れられない日 vol.3

今年も忘れていたわけではないです。UPするのが遅くなっただけ。
12/8、9は追悼の日です。時差によって日付が変わるのですが、あまりにも人数が多いから、2日間でも足りないかなと思ったりして。
HANOI ROCKSのドラマー、ラズル。
ジョン・レノン。
ダイムバック・ダレル。
アントニオ・カルロス・ジョビン。
みんな、魅力的なミュージシャンでした。
いつまでも忘れません。
posted by kana at 11:25| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 大切な日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月08日

『STREET FIGHTING THREEMEN !!』in 渋谷La.mama

11/3は大好きなバンドが対バンするというとってもうれしい日でした。
最初のバンドはROCKSTAR ROLLERS
3ピースでがんがんで威勢がよくてかわいらしくていかつくて、MCがちょっとゆるくて仲良さそうで、とても好感の持てるバンドでした。
2番目がJulian。セッティングの間からそわそわ落ち着かない(^^;
始まるなり、思わずhironoさんに釘付け。照れちゃいますが釘付けです。この日のJulianはツアー(遠足?)初日ということでスーツを新調したそうです。
いつもはメンバーだけどこの日は違うバンドの嶋田さんに見送られて、遠足に旅立ちます、とにこにこと話すhironoさんがまぶしかった(☆o☆)
オフィシャルサイトで告知されていた新曲「Whisky in the morning」、なんだかかわいらしい男の人の曲・・・かな?
「Romantic」の前のhironoさんのMCがとてもロマンティックでした。
「Julianは音やTシャツを売っているんだけど、何を一番売るべきかって考えたときに、それは『ロマンティック』でした」・・・きゃー(*><*)
「どうせ別れるなら会わなければよかったというのはロマンティックな考え方じゃありません。つらかったけど、すぐ別れちゃったけど、でもやっぱり会えてよかったな、っていうのがロマンティックな考え方です」・・・はい☆
hironoさんの言葉はすっと入ってきて、すごく素直に受け止められる。曲も歌詞も。
「Wild Jet Coaster」では友人と手をつないで飛び跳ねて、「Shootin' Star」では指をクロスした手を振り上げて、あっという間に終わってしまいました。
途中でギタートラブルがあって、マイクを掴んで歌ったhironoさんがとてもかっこよくて、来年からはギターボーカルではなくてボーカリストとなる予定のJulianのhironoさんが垣間見れた気がしました。
WDさんはいつもいつも魂から叩いている気がする。この日は前髪パッツンになっていてびっくりしましたが、似合っていました。
sebataさんはいつも淡々としているように見えるのですが、ほんとはとっても熱いんだと思います。プレイを観ているとそう思います。そんな人です。
できればギターボーカルのhironoさんをもう一度観ておきたいな。次のLa.mama、行けるといいな。
ラストはPSYCHO CANDIE。
渋くないらしいけど渋く見えるマギーさんは黒いシャツに赤いネクタイ。
大助さんは髪を下ろしてばっちりアイメイク。とてもすてきです。
嶋田さんは水玉。首にもふりふり。とっても似合っています。すてき過ぎ。
津谷さんは☆だらけ。どこもかしこも☆だらけで色も多種多様で真っ赤で大きな帽子も☆だらけ。すごい。何がすごいってこれが似合うのがすごい。
Julianと久しぶり(7,8年ぶり?と言ってました)の対バンだったからか、ものすごく楽しそうだった嶋田さん。あまりにも楽しかったからか、歌詞を間違えては照れ笑い(笑)
「久しぶりの曲やります」で始まったのは「SHOCK TREATMENT」。
テンション上がったまま「シンシア」。この曲やっぱりとっても好きです。
続いて「女の子のために歌います!」きゃー(*><*)で「Peach」。
飛び跳ねた後は「ジ・レ・ン・マ」でハートマークの振り付けをして大はしゃぎ。
「WILD LIFE」ではエロいしぐさの嶋田さんに悩殺されて本編終了。
アンコールは「魅惑のパンプキンパイ」。これ、すっごくうれしかったです。聴きたかったの。
最後は「CRAZY☆STAR」。楽しくて大好きですが、なぜか泣けてきてしまいました(^^;
マギーさんはときどき笑いながらものすごくかっこいいドラムをさりげなく叩く。やっぱり渋いけど・・・な?(笑)
大助さんはものすごく乗り出してきてくれました。乗り出しすぎてバランスを崩して、思わず前列のみんなで背中を支えようとしてしまったり(笑) それにしてもこの方のギターの音はすてきです。大好き。
「無地の服に4万も出すなんて信じられない」と嶋田さんに言ったという津谷さん。その言葉も頷けるど派手さが好きです。
コーラスするときはかわいくて、みんなを見る視線はやさしくてきらきらしていて、弾いているベースもきらきらで、でも12弦で音が太い。かっこいい。
嶋田さんは相変わらずのオーラで視線を引きつけられます。どうしても観てしまうしきゃーきゃー言ってしまうし惚れてしまいます。
Julianは素直な少女になれて、PSYCHO CANDIEは無邪気な女の子になれる。そんなすてきなライブをありがとう。幸せ(*^^*)
posted by kana at 21:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

そっくりさん

Yahoo!ニュースより。
あれってオリビアじゃないの!? そっくりさんの歌声、テレビCM席巻」。
そっくりさんを使っているケースが多くてびっくりしました(@@)
たまに「あれ?」という曲もありますが、別バージョンとか撮り直したものとかかと思っていました。。。
使われた曲がまた売れるっていうのもあるし、でもやっぱりそっくりさんてどうかとも思うし・・・難しい問題ですね(><)
posted by kana at 13:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SCORPIONS LIVE IN JAPAN 2007 in SHIBUYA-AX

10/31、SCORPIONSの一夜限りの来日ライブに行ってきました。
最初は空いているのかな?と心配になった場内は、開演時間が迫るとともにぎっしりに。
始まったライブはものすごくロックで、目の前に現れたメンバーさんはほんとにかっこいいおやじたちで、応えるオーディエンスはとっても温かくて熱くて、とっても楽しかったです。
クラウス先生の声は相変わらず伸びがあり、きちんと歌えるけど歌って欲しいところは歌わせる。掛け合いもさせて、最後はさすがの美声で盛り上げてくれる。
歌っていないときでもタンバリンを振ったりドラムスティックをこれでもかというくらい投げてくれたり、ギターを手にほかのフロント3人と並んで煽ってくれたり。のりやすくていいライブにしてくれていました。
ルドルフ・シェンカーはいかしたお兄ちゃんのようないでたち。シェイプアップされたたくましい体つきがとてもすてきで、飛んで跳ねて舌を出して、ちっともじっとしていないけどやっぱり貫禄があってかっこいい。
ドラマーさんは弾けて楽しいし、ベーシストさんはにこやかですてきだし、もう1人のギタリストさんは落ち着いているけどロックなかっこよさ。
メンバーもファンもすてきに歳を重ねて、変わったところもあるけど本質は変わらない。
ロックが好きで、みんながSCORPIONSが好きで、この時間を共有できるうれしさを知っていて、心から楽しんでいる。
そんなライブでした。
「またすぐ来るよ」と言っていたクラウス先生の言葉を信じて、また観に行きたいと思います。
SCORPIONS、そこまで聴き込んでいるバンドではなかったのですが、行ってよかった。これからいっぱい復習と予習をしたいと思います(^^)
posted by kana at 13:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月29日

HANOI ROCKS JAPAN TOUR 2007 in 渋谷 CLUB QUATTRO,心斎橋 CLUB QUATTRO

LOUD PARKに引き続いて行われたHANOI ROCKSのジャパンツアー、東京と大阪に参戦してきました。
渋谷は上手、心斎橋は下手の4〜5列目で観ることができました(^^)
2日間とも押されに押され、もまれにもまれて汗だくのびっちょびちょ。でも最高に楽しい、幸せな2日間でした。
まず最初に叫んでおきます。
HANOI ROCKSありがとーーーーー!!!
この世の何よりも一番愛してますっ☆
「Fumblefoot And Busy Bee」から始まって「Hypermobile」。新しいアルバムからの選曲がやっぱり多いのかと思いきや、「Malibu Beach Nightmare」と続くのはLOUD PARKと同じ。
一気にヒートアップした場内は暑くて熱くて、ステージもものすごく暑そうでした。
渋谷では「Underwater World」をやってくれて、モンちゃんがサックスを吹きながらステージを練り歩き、その後ろをA.C.とコニーがついて歩いてました(笑)
時折アンディと耳打ちしながら曲目を変更したり追加していた様子のモンちゃん。動きのせわしないモンちゃんと、のーんびりのアンディのコントラストは、何度観ても飽きません(*^^*)
「Teenage Revolution」や「High School」では思いっきり野太いモンちゃんの声と、これでもかというくらいの楽器隊の盛り上げに、思わず飛び跳ねて握りこぶしを突き上げて叫びました。
新旧織り交ぜてのセットリストで、バランスもよくていい感じ。
「Tragedy」はやっぱり後ろからの圧迫がすごかったです。息ができなくなるかと思った。でも楽しいっ♪
アンディはのらりくらりとしているようでやっぱりとってもかっこいい。飄々とした感じがロックです。何喋ってるのか聞き取りにくくても、ギターソロがへなってモンちゃんににらまれてもロックです。やっぱり大好き。生きててくれてありがとう。ほんとにほんとにありがとう。
コニーは端正な顔を真っ赤にしてとても暑そうでしたが、この人がいてくれるおかげで今のハノイサウンドはしっかり固められていると感じました。日本語でMCをしてくれたり、煽ってくれたりして優しい、気のいいイカしたお兄ちゃんです。
A.C.はモンちゃんの振り回すマイクスタンドを器用に避けつつ、ラクと目配せしてリズムを合わせつつ、コニーと絡んでアンディと絡んで、モンちゃんとアイコンタクトして、ファンも気遣って。茶目っ気があってかわいくて、すてきなベーシストさんです。
ラクはスティックをくるくる回しながら終始にこにこと叩く。エアバイオリンやエアギターを交えつつ、他のメンバーとちょっとおどけながら叩く。でも他のメンバーがついつい走りがちなところをがっちり抑えて、しっかりとリズムを刻んでくれる。頼もしいHANOI ROCKSのドラマーさんです。
そしてモンちゃんはオレオレ(^^; マイクを振り回し、マイクスタンドを振り回し、前に乗り出し、モニターによじ登り、ぶら下がり、煽りに煽る。
でもヒートアップした客席に水をまいてくれたり、「みんなで回して飲んで」とペットボトルをいっぱい渡してくれたり、ばら撒いた薔薇が客席まで届かないとわざわざ拾ってもう一度投げてくれたり、前列の人たちを気遣ってくれたり、投げ込まれたプレゼントをすぐに身に着けてくれたりと、優しいところもある、やっぱりすてきな王子様です。
メンバー紹介のところでは、渋谷ではモンちゃんが「ダレガキテルトオモウカーイ」と日本語でメンバーを紹介。
心斎橋ではジャムをしているような感じでメンバーを紹介。特にラクの紹介は「ラク!ラク!ラクラクラク♪」と掛け合いみたいになってとっても楽しかった(^^)
アンコールのラストは「Up Around The Bend」で盛り上がりに盛り上がって終了。
ぐちょぐちょになりましたが気分はすっきり爽快。「ありがとう」と「愛してる」しか出てこない、ほんとに夢のような、すてきな時間でした。
何度も書きますがほんとにありがとう。また来てください。待ってます。愛してるよ、HANOI ROCKS☆←しつこい
posted by kana at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年10月27日

LOUD PARK 07 in さいたまスーパーアリーナ

10/20、21は昨年に引き続き、LOUD PARK 07に行ってきました。
第一回目の昨年に比べると、ちょっとメタル色が薄いかな?という印象の出演陣ですが、HANOI ROCKS出演とあっては行かないわけにいきません!
1日目はお昼過ぎに到着。さっそく物販に行ってみたら、お目当てのものは売り切れ・・・この日の出演じゃないのに。
会場に入って、STILL REMAINSを観ました。前評判が高かったので楽しみにしていたのですが、ほんとにかっこいいパフォーマンスでした。
FASTWAY。予備知識ゼロで観てしまいましたが・・・ちゃんと調べていけばよかったです。。。元MOTORHEADの"FAST"エディ・クラークが作ったバンドだとか。
今年のLOUD PARKはスタンド席で食事をしたり、会場内でビールを飲んだりしてもよかったので、食べたり飲んだりしながらその後のバンドを観て、この日のお目当てTRIVIUM。
それまでで一番の歓声が起こっていた気がします。人も多かった。
そしてやっぱり彼らの演奏は勢いがあって引き込まれます。
「アバレロー」「トベー」などの日本語MCも多いので観ているほうも大盛り上がりでした。やっぱりかっこいいな(^^)
1日目トリはHEAVEN AND HELL。貫禄のステージでした。
ロニー・ジェイムス・ディオを観ていると、ついついメロイックサインをしないといけない気になる(^^;
でもとにかくオーラがあって気おされたのは、トニー・アイオミの存在感。彼の一挙手一投足に会場がうなる感じというか、空気が変わるというか。弾きながらちょっと手を挙げてメロイックサインを作っただけですごい歓声でした。
ただただ、大物っぷりを見せ付けられて、魅了された1時間強でした。
2日目は開場時間前に並んで入場。物販に急いで、お目当てのもの買えました(^^)
HANOI ROCKSとARCH ENEMYのTシャツを手に、スタンド席もいいところを確保して午前中のバンドを楽しみました。
お昼少し過ぎに、ANTHEM登場。ジャパメタということで楽しみにしていました。若いです、みなさま。そして、音がものすごくでかかった。高音シャウトは健在で、うれしくなってしまいました。
WIG WAMはアリーナ席に降りて、下手前方で観ました。
6ヶ月ぶりかな?に観る彼らはやっぱり派手派手。インディアンのような被り物で登場したGLAMと、楽しそうに弾くTeenyしかほとんど観えなかったのですが、とっても楽しかった(^^)
メンバーも楽しかったみたいで、終わってからもステージ上から写真を撮ったり、GLAMはわざわざステージから降りて握手してくれたりしてました。
ファンから手渡されたメッセージが書かれたタオル?手ぬぐい?をうれしそうに掲げていたのが、こちらもうれしかったな(^^)
TESLAは観ていたかったのですが、途中で抜け出してHANOI ROCKSのサイン会を見に行きました。整理券はゲットできなかったものの、ラク、アンディ、モンちゃん、コニー、A.C.の姿を間近で観ることができました。
サインの仕方には彼らの性格が出ていておもしろい。
A.C.はファンの顔を見てにっこり笑いながらサイン。
コニーは気さくな感じでちょっと喋ったりしながらサイン。
モンちゃんはファンが自分の前に来るのを待ち構えているかのようにそわそわし、目の前に立つなり喋ったり笑ったりサインしたりなにやら質問したり、ほんとにせわしない。
片やアンディは隣のラクとのんびり喋っていて、ファンが目の前に立ったのに気づかないくらい(^^; 気づくと「あ」という感じで色紙やアルバムジャケットを手元に引き寄せてのんびりサインしてのんびり戻す。
ラクは軽く会釈してサインして、また会釈して丁寧に手渡す。
観ているだけで微笑ましい、そんなサイン会でした。
その後、荷物をクロークに預けてアリーナ席でスタンバイ。SAXONは逆のステージでHANOI ROCKSの準備をしながら観たのですが、ものすごい貫禄というか厚みというか、とにかくすごかったです。
終わって、HANOI ROCKSのステージの照明がついても、まだ「SAXON」コールがやまなかったくらい、熱い熱いステージでした。
続いてやっと大本命のHANOI ROCKS。下手の前方でスタンバイしていたら、SEが鳴った瞬間に押されて5列目くらいに。
現れたメンバーは、私の眼にはきらきら輝いて見えました。アンディが動いてる。それだけでうれしい。しかもちゃんと弾いてて、アンディの音がすごくよく聞こえる。ものすごくうれしい。とってもロックでかっこいいギタリストです。
ラクはくるくるとスティックを回しながら、ずーっとにこにこしながら叩く。他のメンバーがどうしても走りがちなところを、しっかりリズムキープしてくれる、頼もしいドラマーさんです。
A.C.とコニーはマイクスタンドを共有していて、2人で顔を寄せ合ってコーラス。かわいい(^^)
A.C.は前に出てきて煽りつつ、コーラスしつつ、ラクと目配せしつつ、横目でモンちゃんの動きをチェックしてモンちゃんの振り回すマイクスタンドを避けつつ。相変わらず華麗な避け方です(^^;
コニー、目の前だったのでいっぱい観れました。ドレッドヘアでちょっと髭面で怖いかな?という印象ですが、端正な顔立ちでしかもとってもいいお兄さん。今のHANOIサウンドには、彼の音が欠かせないと思います。みんなで一生懸命手を挙げたら、にっこりと下手に向かって微笑んでくれました。
モンちゃんはスパンコールできらきら。アイメイクもばっちり。相変わらず美しい。
マイクを振り回したらドラムにぶち当たり、前に行って振り回したら今度はマイクスタンドを弾き飛ばし。
マイクスタンドを振り回したらマイクコードが絡まって解きながら歌ったり。
マイクを口にくわえてスタンドを持ち上げて投げたり。
ステージ横の高いところに登って煽ったり。
大暴れですがきっちり歌って盛り上げて乗り出して、ほんとにかっこいい、大好きな大好きなボーカリストさんです。
あー、やっぱり大好きっ(*><*) どうしても目が追ってしまって、他のメンバーさんになかなか目が行かない。ごめんね(;;)
新しいアルバムからだけでなく、新旧取り揃えてバランスよく組まれたセットリストだったのもうれしい。
個人的には、一番大好きな「MALIBU BEACH」を2曲目くらいに演奏してくれたあたりから弾けてしまったのですが(^^;
やる曲やる曲どれもノリがよくていい曲でうれしくて、気がつけばもみくちゃになって汗だくになって飛び跳ねまくっていました。
1時間弱のステージ。汗でびっしょりになったのに、とってもすがすがしい気持ちでした。
アリーナ後方に戻ってこの日もうひとつのお目当てARCH ENEMY。
アンジェラ・ゴソウはやっぱりかわいいしきれいだしかっこいいと思います。いいなあ。。。
ダニエル・アーランドソンのドラムは速くて重くて決まっていてかっこいい。
シャーリー・ダンジェロは・・・実はあまりよく観えず。。。
クリストファー・アモットが帰ってきたということで大注目だったARCH ENEMYですが、マイケル・アモットとのツインギターはやっぱり息がぴったり合っているように感じました。
マイケル・アモットのギターはすごいな。鳥肌が立つような、思わず聞き入ってしまうような美しさでした。
2日間通じて、ARCH ENEMYのときが一番アリーナ席前方がめちゃくちゃになっていた気がします。ものすごい盛り上がりでした。
帰りの時間を考えて、MARILYN MANSONの途中で出てきてしまいました(^^;
たくさんのバンドを一気に観れるので、フェスってお得ですね(^^) また来年もやってほしいな。
posted by kana at 22:14| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。