2008年04月12日

YOUTH presents 「YOUTH GONE WILD」 in 下北沢 Live Bar 440

3/18はFURSのNaoさんと智明さんが出演するアコースティックライブを観に行ってきました。
トップバッターだったお2人。この2人でというのは初めてだったそうですが、トークもいつものライブ以上に(^^; ゆるゆるで。
でもこの日のために、Naoさんは「話し方教室」に行ってきたそうですが(^^; そんな必要ないのになあ・・・そのままのNaoさんのトークが好きです。
「天然って最強の武器だよね」と智明さんが言うくらい、Naoさんの本領発揮なMCでした。
とはいえ、「ロックンロール・スター」や「壊れたピンボール」「時計」「星に誓おう」などなど、しっかりと聴かせてくれるところはさすがNaoさん。智明さんのおニューギターはとってもいい音を響かせていました。智明さんのギター、やっぱり好きです。
「時計」を演奏した後の智明さんのMCがとっても印象的。
自分はどうしても好きとか愛してるなんて言葉では伝えられないけど、でも音楽を通じてなら伝えられる気がして、だからギターやってるんだろうなと。音楽やってるんだろうなと。
なんだか感動しちゃいました。「時計」は智明さんも大好きな曲で、弾きながら泣いちゃったことがあるんだそうです。「あんたいい曲書くね!」と言われたNaoさん、照れ笑い。2人ともかわいい。
そして珍しいことに、智明さんも歌ってくれました。「HIP SHAKE」。わーい♪
「レッツヒップシェイク!」というコーラスがあんなにでかい「HIP SHAKE」、初めて聴きました・・・Naoさんたら(^^;
甘い罠。女性のほうがNaoさんと大学のサークルが一緒だったそうです。同じアコースティックでもすっごくパワフルでかっこよくて、この日で解散だったのがもったいないような、でも聴けてラッキーだったような。
トリが森若香織さん。元GO-BANG'Sの森若さんです。とってもかわいかった☆
話し方もあのまま。歌い方もしぐさもあのまま。すごいなと思いました。すてきな人です。
「スペシャル・ボーイフレンド」と「Bye-Bye-Bye」が聴けたのがうれしかった。GO-BANG'Sの曲は、女の子の心を代弁してくれていて好きでした。
この日のライブでは、お互いの曲を1曲ずつカバーし合うという企画もあったのですが、そのたびにそれぞれがお互いのバンドについて感想を言ったりしていて、それもほのぼのしていていい感じでした。
アコースティックなFURSもいいな。またやってほしいと思います。
posted by kana at 16:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/93115217

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。