2008年03月31日

ARCH ENEMY/SHADOWS FALL in 新木場STUDIO COAST

3/8は待ちに待ったARCH ENEMYのライブでした。
オープニングアクトが始まってから入場したら、すでにすごい人でびっくり。
SHADOWS FALLはさらに混んでいてすごいなと思っていたら、終わってから入ってきた人の多さにさらにびっくり。
ARCH ENEMYの人気はすごいですね。
始まったとたんに会場内の空気が一変。なんというか、神がかったような雰囲気に包まれました。
マイケル・アモット、クリストファー・アモットの兄弟ギターがうなるたびに歓声が響く。
高いところに立って煽るアンジェラ・ゴソウは神々しいくらいに輝いて見えました。かわいくてきれい。でもデス声。この人大好きです。
最初、なんとなく音が小さめで聞こえにくかったマイケルのギターですが、途中からは聞こえてくるようになりました。
どうしてあんなにかっこいいんだろう。哀愁にあふれているんだろう。はまる。
クリストファーのテクニカルなギターと一緒になると、もう何者にも負けないオーラを感じました。鳥肌が立った。
シャーリー・ダンジェロはでかい。でかいけどとってもフレンドリー。
そしてこの日、全体的に小さめに感じた音量にも関わらず、爆音を響かせていたのがダニエル・アーランドソンのドラム。
ものすっごく重い音も、乾いた音も、自由自在。ARCH ENEMYの曲は途中でテンポががらっと変わることが多いのですが、その変わり目もとっても滑らか。
メタルなのに聴きやすい、ほんとにすごいドラマーさんです。ステージ降りるとにこにこなのもいい感じ。
この5人が放つ強烈なオーラに圧倒されているうちにライブが終わってしまった感じがします。かっこよすぎる。
アンコールの前、何かの賞をもらったとかでカップを持って客席と一緒に写真を撮っていたメンバーさんは、とてもかわいかった。
いやー、ARCH ENEMYはやっぱりすごい。デスなんて好きじゃなかったし、今でも苦手ですが、彼らはそんなの関係なくすばらしいと思う。また行きたいな。
posted by kana at 21:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/91762231

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。