2008年03月11日

DaisyBar 3rd Anniversary 〜waterfall diary〜 Supported by mF247 in 下北沢 Daisy Bar

3/6、初めて行くライブハウスでFURSのライブでした。
最初のバンドはお酒を飲みながら堪能しました。なんとなく、RAMONESを観ているような気になるバンドでした。
2番目がFURS。場所を移動して、周りのみなさまとお話などしつつセッティング中のメンバーさんをちらちら観たりしてテンションを上げつつ待ちました。
SEに続けて出てきたメンバーさん、小さめのライブハウスなのでとっても近かった。
智明さんは黒いフリルシャツがとってもお似合い。トラブルなどもあったようですが、狭いステージも低い天井もなんのその、いつものように腕をぐるぐる、身体もぐるぐる、動き回ってくれました。
Naoさんは観ている方が照れるくらいのすてきな笑顔をこの日も振りまいてくれました。3周年を迎えたDaisy Barに「おめでとう」というMCのはずが、なぜか上から目線になっちゃったり、FURSも始めてから6年だという話のはずが、なぜか若干下ネタになっちゃったり。NaoさんのMCはいつもなぜかスリリングです(^^;
天井が低いからジャンプできないよ、というような身振りをしていたMattyさん。最近新しくピックを作ったそうで、欲しいなと思っていたら、拾うことができました(^^) ジャンプはなかったけれど、ステップやターンで盛り上げてくれました。Mattyさんのやさしいんだけどおもしろいステージング好き。
そしてcoziさん。ストライプのシャツがすてきすぎました。立ち上がったら天井に頭がぶつかっちゃうんじゃないかと心配でしたが、うまくよけて(?)立ち上がって煽ってくれてうれしかったな(^^) 智明さんの方を見遣ったり、NaoさんのMCや動きに受けちゃったり、Mattyさんと顔を見合わせて演奏したり、歌いながら叩いたり。クールそうに見えて実はいろんな表情をしている、音にもいろんな表情がある、大好きなドラマーさんです。
この日のセットリストは以下の通り。

1.AIR
2.I Feel Fine
3.RAIN
4.Helpless Preacher
5.(You're) Free Man
6.ANOTHER DAY/ANOTHER LIGHT
7.Teenage Frustration
8.Vanishing Point

あんまり聴いたことのない曲もあったりして、新鮮でした。「Free Man」のときは思いっきり叫んじゃった。この曲大好き(^^)
後半は盛り上がる曲でたたみかけて終わるのですが、この日のたたみかけはいつもにも増して激しかったように思いました。なんでだろ。
終わった後、すっきり爽快。そんなライブでした。
posted by kana at 23:39| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

この記事へのトラックバックURL
http://blog.seesaa.jp/tb/89209173

この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。