2008年03月01日

「ザ・ロック・マスターズ『ロック・ギタリスト列伝』」#5

WOWOWで放送された番組です。伊藤政則さんがナビゲートで、レア映像満載の番組だそうです。
今回は「ロック・ギタリスト列伝」というシリーズが組まれていたようなのですが、その5回目がCheap Trickのリック・ニールセンを取り上げていて、1979年2月10日にイギリス・ブライトンで行われたライブ映像を流してくれました。
放送された曲は以下のとおり。

Hello There
Come On, Come On
Stiff Competition
Ain't That A Shame
Need Your Love
I Want You To Want Me
California Man
Surrender

ロビン・ザンダーがかわいいなあ・・・と見とれていると、すかさず画面に入り込んできておかしな行動をしているリック・ニールセン。
カメラ目線だったり舌を出していたりピックを投げたり口に入れたり頬に貼ったり(^^; ちっともじっとしていない。
でもやっぱりギターテクニックはさすがで、ギターソロでは3本も重ねて提げたギターを巧みに弾きこなしていました。
私が彼らを知ったのは80年代の「The Flame」からなのですが、70年代の曲を後から聴いてますます好きになりました。
Cheap Trickといえば「at武道館」。1978年の来日ライブを収録したこのアルバムによって、彼らは「逆輸入バンド」としてブレイクすることになりました。
あれから30年。2008年4月24日、彼らはまた武道館にやってきます。しかもあのセットリストを再現してくれるらしい。
行かなきゃ!ということでチケット買いました。すっごく楽しみ(^^)
posted by kana at 04:00| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。