2007年10月29日

HANOI ROCKS JAPAN TOUR 2007 in 渋谷 CLUB QUATTRO,心斎橋 CLUB QUATTRO

LOUD PARKに引き続いて行われたHANOI ROCKSのジャパンツアー、東京と大阪に参戦してきました。
渋谷は上手、心斎橋は下手の4〜5列目で観ることができました(^^)
2日間とも押されに押され、もまれにもまれて汗だくのびっちょびちょ。でも最高に楽しい、幸せな2日間でした。
まず最初に叫んでおきます。
HANOI ROCKSありがとーーーーー!!!
この世の何よりも一番愛してますっ☆
「Fumblefoot And Busy Bee」から始まって「Hypermobile」。新しいアルバムからの選曲がやっぱり多いのかと思いきや、「Malibu Beach Nightmare」と続くのはLOUD PARKと同じ。
一気にヒートアップした場内は暑くて熱くて、ステージもものすごく暑そうでした。
渋谷では「Underwater World」をやってくれて、モンちゃんがサックスを吹きながらステージを練り歩き、その後ろをA.C.とコニーがついて歩いてました(笑)
時折アンディと耳打ちしながら曲目を変更したり追加していた様子のモンちゃん。動きのせわしないモンちゃんと、のーんびりのアンディのコントラストは、何度観ても飽きません(*^^*)
「Teenage Revolution」や「High School」では思いっきり野太いモンちゃんの声と、これでもかというくらいの楽器隊の盛り上げに、思わず飛び跳ねて握りこぶしを突き上げて叫びました。
新旧織り交ぜてのセットリストで、バランスもよくていい感じ。
「Tragedy」はやっぱり後ろからの圧迫がすごかったです。息ができなくなるかと思った。でも楽しいっ♪
アンディはのらりくらりとしているようでやっぱりとってもかっこいい。飄々とした感じがロックです。何喋ってるのか聞き取りにくくても、ギターソロがへなってモンちゃんににらまれてもロックです。やっぱり大好き。生きててくれてありがとう。ほんとにほんとにありがとう。
コニーは端正な顔を真っ赤にしてとても暑そうでしたが、この人がいてくれるおかげで今のハノイサウンドはしっかり固められていると感じました。日本語でMCをしてくれたり、煽ってくれたりして優しい、気のいいイカしたお兄ちゃんです。
A.C.はモンちゃんの振り回すマイクスタンドを器用に避けつつ、ラクと目配せしてリズムを合わせつつ、コニーと絡んでアンディと絡んで、モンちゃんとアイコンタクトして、ファンも気遣って。茶目っ気があってかわいくて、すてきなベーシストさんです。
ラクはスティックをくるくる回しながら終始にこにこと叩く。エアバイオリンやエアギターを交えつつ、他のメンバーとちょっとおどけながら叩く。でも他のメンバーがついつい走りがちなところをがっちり抑えて、しっかりとリズムを刻んでくれる。頼もしいHANOI ROCKSのドラマーさんです。
そしてモンちゃんはオレオレ(^^; マイクを振り回し、マイクスタンドを振り回し、前に乗り出し、モニターによじ登り、ぶら下がり、煽りに煽る。
でもヒートアップした客席に水をまいてくれたり、「みんなで回して飲んで」とペットボトルをいっぱい渡してくれたり、ばら撒いた薔薇が客席まで届かないとわざわざ拾ってもう一度投げてくれたり、前列の人たちを気遣ってくれたり、投げ込まれたプレゼントをすぐに身に着けてくれたりと、優しいところもある、やっぱりすてきな王子様です。
メンバー紹介のところでは、渋谷ではモンちゃんが「ダレガキテルトオモウカーイ」と日本語でメンバーを紹介。
心斎橋ではジャムをしているような感じでメンバーを紹介。特にラクの紹介は「ラク!ラク!ラクラクラク♪」と掛け合いみたいになってとっても楽しかった(^^)
アンコールのラストは「Up Around The Bend」で盛り上がりに盛り上がって終了。
ぐちょぐちょになりましたが気分はすっきり爽快。「ありがとう」と「愛してる」しか出てこない、ほんとに夢のような、すてきな時間でした。
何度も書きますがほんとにありがとう。また来てください。待ってます。愛してるよ、HANOI ROCKS☆←しつこい
posted by kana at 00:33| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]


この記事へのトラックバック
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。