2008年04月12日

YOUTH presents 「YOUTH GONE WILD」 in 下北沢 Live Bar 440

3/18はFURSのNaoさんと智明さんが出演するアコースティックライブを観に行ってきました。
トップバッターだったお2人。この2人でというのは初めてだったそうですが、トークもいつものライブ以上に(^^; ゆるゆるで。
でもこの日のために、Naoさんは「話し方教室」に行ってきたそうですが(^^; そんな必要ないのになあ・・・そのままのNaoさんのトークが好きです。
「天然って最強の武器だよね」と智明さんが言うくらい、Naoさんの本領発揮なMCでした。
とはいえ、「ロックンロール・スター」や「壊れたピンボール」「時計」「星に誓おう」などなど、しっかりと聴かせてくれるところはさすがNaoさん。智明さんのおニューギターはとってもいい音を響かせていました。智明さんのギター、やっぱり好きです。
「時計」を演奏した後の智明さんのMCがとっても印象的。
自分はどうしても好きとか愛してるなんて言葉では伝えられないけど、でも音楽を通じてなら伝えられる気がして、だからギターやってるんだろうなと。音楽やってるんだろうなと。
なんだか感動しちゃいました。「時計」は智明さんも大好きな曲で、弾きながら泣いちゃったことがあるんだそうです。「あんたいい曲書くね!」と言われたNaoさん、照れ笑い。2人ともかわいい。
そして珍しいことに、智明さんも歌ってくれました。「HIP SHAKE」。わーい♪
「レッツヒップシェイク!」というコーラスがあんなにでかい「HIP SHAKE」、初めて聴きました・・・Naoさんたら(^^;
甘い罠。女性のほうがNaoさんと大学のサークルが一緒だったそうです。同じアコースティックでもすっごくパワフルでかっこよくて、この日で解散だったのがもったいないような、でも聴けてラッキーだったような。
トリが森若香織さん。元GO-BANG'Sの森若さんです。とってもかわいかった☆
話し方もあのまま。歌い方もしぐさもあのまま。すごいなと思いました。すてきな人です。
「スペシャル・ボーイフレンド」と「Bye-Bye-Bye」が聴けたのがうれしかった。GO-BANG'Sの曲は、女の子の心を代弁してくれていて好きでした。
この日のライブでは、お互いの曲を1曲ずつカバーし合うという企画もあったのですが、そのたびにそれぞれがお互いのバンドについて感想を言ったりしていて、それもほのぼのしていていい感じでした。
アコースティックなFURSもいいな。またやってほしいと思います。
posted by kana at 16:54| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

「UNDER THE PRIMERA」 in 渋谷La.mama

3/14、ホワイトデーはJulianのライブでした。
最初のバンドからしっかり観れました。
1番目は福島から来たScrap。ものすごい勢いに引いてた人もいるくらいに気合いが入ったライブでした。最初から楽しませてもらいました。
2番目、ベルシュカ。対バンで観ることが多いですが、このバンド好きです。
かわいらしいんだけど音はしっかりしていてのりやすくて。いつもはもっともっとボーカルの声が伸びてかわいいような気がしたんですけど・・・気のせいかな。。。
3番目、THE VANILA。この日対バンがTHE VANILAだと知ったときはすっごくうれしかったです。
灰二さんのボーカルとギターとファッションとパフォーマンス、どれを取っても好きで、思わずじーっと観てしまいます。
大槻さんがギターを弾く姿は、いつ観てもとっても楽しそうで、観ている方も思わず笑顔になります(^^)
手の動きとかフレーズとか、難しそうなのにとってもすてきな笑顔。引き込まれるギタリストさんです。
ほんとはベースもドラムももっと観たかったのですが・・・また今度・・・・・・。
トリがJulian。先日の本八幡でのライブが冬眠明けのリハだとしたら、この日のライブが本番、だそうで。
最初の「FIRE BIRD」のときにhironoさんがハーモニカを吹いて、ビニール袋を持ってきて中身を客席にばら撒いた・・・何かと思えば「うまい棒」。
ホワイトデーだから、ということで(*^^*) 1本もらえてよかった♪
続けて演奏した「CHOCOLATE」では、最初の歌詞が「うまい棒」になっていました。
ホームタウンであるLa.mamaで、改めて祐くんへのJulianギタリスト襲名式だと、hironoさんが言っていました。
この日の祐くんのギターは、先日よりずっとしっくり来ている気がします。WDさんも楽しそうだったし、sebataさんはいつもどおりクールな表情でぐいぐい引っ張ってくれました。
2回目のMCで、スタッフさんがhironoさんになにやら耳打ち。「え?なになに、聞こえなかった」とhironoさん。
「チャックが開いてたみたいです」と笑いながらチャックを上げるhironoさん。
ええーーーーーー!?
でも、hironoさんは落ち着いていました。いろんなことがあったからあんまりうろたえなくなったと言って、過去の失敗談を話すhironoさんはかわいかった。
そんな話の後に「Romantic」。
「Sweet Choco Baby」でのメンバー紹介、hironoさんは胸を張って王子のポーズ。これが似合っていて、思わずすてきだなあ・・・と惚れ惚れしました。
この日は楽屋が使えないから退場してしまうとアンコールの声が聞こえないので・・・と、hironoさんが「ここでアンコールを受け付けたいと思います」(笑)
アンコールの曲は「Wild Jet Coaster」で、思いっきり跳ねた。跳ねまくって、演奏が終わって、メンバーさんはライブハウスの出入口から出て行きました。
それでも収まらなかったのはファンのみなさまの熱気。この声届けとばかりに沸き起こったアンコール。みんなで目配せしながら出入口に向かって必死に声を張り上げたら・・・
戻ってきてくれましたー(^^)
「マジ声出させたいわけですよ。今のはマジ声だったから、戻ってきました」とにこにこだったhironoさん。やったあ♪
4人になってまだ間がないから、できる曲が少ないんだけど・・・と言いつつ始まったのはWDさんの恋の歌、「GECHENA LOVE」。
ステージと客席がひとつになったような、そんなアンコールでした。
みんなが思わず必死で声を出しちゃうくらい、この日のJulianはかっこよかったし、ライブが楽しかった。
そんなホワイトデーでした。
posted by kana at 16:32| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。