2007年11月08日

『STREET FIGHTING THREEMEN !!』in 渋谷La.mama

11/3は大好きなバンドが対バンするというとってもうれしい日でした。
最初のバンドはROCKSTAR ROLLERS
3ピースでがんがんで威勢がよくてかわいらしくていかつくて、MCがちょっとゆるくて仲良さそうで、とても好感の持てるバンドでした。
2番目がJulian。セッティングの間からそわそわ落ち着かない(^^;
始まるなり、思わずhironoさんに釘付け。照れちゃいますが釘付けです。この日のJulianはツアー(遠足?)初日ということでスーツを新調したそうです。
いつもはメンバーだけどこの日は違うバンドの嶋田さんに見送られて、遠足に旅立ちます、とにこにこと話すhironoさんがまぶしかった(☆o☆)
オフィシャルサイトで告知されていた新曲「Whisky in the morning」、なんだかかわいらしい男の人の曲・・・かな?
「Romantic」の前のhironoさんのMCがとてもロマンティックでした。
「Julianは音やTシャツを売っているんだけど、何を一番売るべきかって考えたときに、それは『ロマンティック』でした」・・・きゃー(*><*)
「どうせ別れるなら会わなければよかったというのはロマンティックな考え方じゃありません。つらかったけど、すぐ別れちゃったけど、でもやっぱり会えてよかったな、っていうのがロマンティックな考え方です」・・・はい☆
hironoさんの言葉はすっと入ってきて、すごく素直に受け止められる。曲も歌詞も。
「Wild Jet Coaster」では友人と手をつないで飛び跳ねて、「Shootin' Star」では指をクロスした手を振り上げて、あっという間に終わってしまいました。
途中でギタートラブルがあって、マイクを掴んで歌ったhironoさんがとてもかっこよくて、来年からはギターボーカルではなくてボーカリストとなる予定のJulianのhironoさんが垣間見れた気がしました。
WDさんはいつもいつも魂から叩いている気がする。この日は前髪パッツンになっていてびっくりしましたが、似合っていました。
sebataさんはいつも淡々としているように見えるのですが、ほんとはとっても熱いんだと思います。プレイを観ているとそう思います。そんな人です。
できればギターボーカルのhironoさんをもう一度観ておきたいな。次のLa.mama、行けるといいな。
ラストはPSYCHO CANDIE。
渋くないらしいけど渋く見えるマギーさんは黒いシャツに赤いネクタイ。
大助さんは髪を下ろしてばっちりアイメイク。とてもすてきです。
嶋田さんは水玉。首にもふりふり。とっても似合っています。すてき過ぎ。
津谷さんは☆だらけ。どこもかしこも☆だらけで色も多種多様で真っ赤で大きな帽子も☆だらけ。すごい。何がすごいってこれが似合うのがすごい。
Julianと久しぶり(7,8年ぶり?と言ってました)の対バンだったからか、ものすごく楽しそうだった嶋田さん。あまりにも楽しかったからか、歌詞を間違えては照れ笑い(笑)
「久しぶりの曲やります」で始まったのは「SHOCK TREATMENT」。
テンション上がったまま「シンシア」。この曲やっぱりとっても好きです。
続いて「女の子のために歌います!」きゃー(*><*)で「Peach」。
飛び跳ねた後は「ジ・レ・ン・マ」でハートマークの振り付けをして大はしゃぎ。
「WILD LIFE」ではエロいしぐさの嶋田さんに悩殺されて本編終了。
アンコールは「魅惑のパンプキンパイ」。これ、すっごくうれしかったです。聴きたかったの。
最後は「CRAZY☆STAR」。楽しくて大好きですが、なぜか泣けてきてしまいました(^^;
マギーさんはときどき笑いながらものすごくかっこいいドラムをさりげなく叩く。やっぱり渋いけど・・・な?(笑)
大助さんはものすごく乗り出してきてくれました。乗り出しすぎてバランスを崩して、思わず前列のみんなで背中を支えようとしてしまったり(笑) それにしてもこの方のギターの音はすてきです。大好き。
「無地の服に4万も出すなんて信じられない」と嶋田さんに言ったという津谷さん。その言葉も頷けるど派手さが好きです。
コーラスするときはかわいくて、みんなを見る視線はやさしくてきらきらしていて、弾いているベースもきらきらで、でも12弦で音が太い。かっこいい。
嶋田さんは相変わらずのオーラで視線を引きつけられます。どうしても観てしまうしきゃーきゃー言ってしまうし惚れてしまいます。
Julianは素直な少女になれて、PSYCHO CANDIEは無邪気な女の子になれる。そんなすてきなライブをありがとう。幸せ(*^^*)
posted by kana at 21:23| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年11月04日

そっくりさん

Yahoo!ニュースより。
あれってオリビアじゃないの!? そっくりさんの歌声、テレビCM席巻」。
そっくりさんを使っているケースが多くてびっくりしました(@@)
たまに「あれ?」という曲もありますが、別バージョンとか撮り直したものとかかと思っていました。。。
使われた曲がまた売れるっていうのもあるし、でもやっぱりそっくりさんてどうかとも思うし・・・難しい問題ですね(><)
posted by kana at 13:53| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

SCORPIONS LIVE IN JAPAN 2007 in SHIBUYA-AX

10/31、SCORPIONSの一夜限りの来日ライブに行ってきました。
最初は空いているのかな?と心配になった場内は、開演時間が迫るとともにぎっしりに。
始まったライブはものすごくロックで、目の前に現れたメンバーさんはほんとにかっこいいおやじたちで、応えるオーディエンスはとっても温かくて熱くて、とっても楽しかったです。
クラウス先生の声は相変わらず伸びがあり、きちんと歌えるけど歌って欲しいところは歌わせる。掛け合いもさせて、最後はさすがの美声で盛り上げてくれる。
歌っていないときでもタンバリンを振ったりドラムスティックをこれでもかというくらい投げてくれたり、ギターを手にほかのフロント3人と並んで煽ってくれたり。のりやすくていいライブにしてくれていました。
ルドルフ・シェンカーはいかしたお兄ちゃんのようないでたち。シェイプアップされたたくましい体つきがとてもすてきで、飛んで跳ねて舌を出して、ちっともじっとしていないけどやっぱり貫禄があってかっこいい。
ドラマーさんは弾けて楽しいし、ベーシストさんはにこやかですてきだし、もう1人のギタリストさんは落ち着いているけどロックなかっこよさ。
メンバーもファンもすてきに歳を重ねて、変わったところもあるけど本質は変わらない。
ロックが好きで、みんながSCORPIONSが好きで、この時間を共有できるうれしさを知っていて、心から楽しんでいる。
そんなライブでした。
「またすぐ来るよ」と言っていたクラウス先生の言葉を信じて、また観に行きたいと思います。
SCORPIONS、そこまで聴き込んでいるバンドではなかったのですが、行ってよかった。これからいっぱい復習と予習をしたいと思います(^^)
posted by kana at 13:46| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。