2007年04月30日

Show What? in 新宿紅布(red cloth)

4/29はFURSを観に新宿に行ってきました。
2バンド目のMUSTANG JERXから観たのですが、このバンド、勢いがあっておもしろかったです。
勢いで押されてついつい掛け声かけてしまう感じ。ステージから降りてきて、お客さんにギターを弾かせたと思ったら、「彼は大学時代に一緒にやっていた先輩です」とか(笑)
すごくおもしろかったので、最初から観ればよかったな。やっぱりライブは最初から最後まで楽しむものですね。
トリがFURS。SEに続いて出てきた智明さん、手を高く上げてポーズ。思わず「かわいい〜」と言ってしまいました(^^;
この日のNaoさんは全体的にかっこよく決めた感じで、MCでもあんまり方言が出ていませんでした。
タンバリンもダンスも健在でかわいいのですが、どことなくかっこよかった。
ステージから飛び降りて歌ったときはみんなびっくりしましたが、上からは智明さんとMattyさんが見守りつつ、広くなったステージで思う存分(?)ターンしていたりして。
coziさんはやっぱりセクシーです。かっこいいです。今さらですが改めてすてきだなと思います。今一押しのドラマーさんになりつつあります(*^^*)
ソロで叩くところでは、みんなに混じって思いっきり「きゃーーー!!!」と叫んでみました(^^;
Mattyさん。この日は赤地に白い水玉のシャツでした。いつものエロい感じはちょっとなりを潜めていたような気がします。
ちょい悪なMattyさんもいいですが、こういう渋めなMattyさんもいいな。
Mattyさんの音は、全体をまとめている感じがして、やっぱりいいなあと思います。バンドの保護者みたい・・・って失礼かしら。。。
アンコールで出てきたときに「Matty−」と声が飛んだら、Naoさんがちょっと耳を傾けるしぐさ。「Naoさん」という声が飛んだら、うれしそうに手を挙げて答えていました。か・・・かわいい(こらこら)。
セットリストもこの日は渋め?な感じで、大人のFURSでした。
終わってから、25日が誕生日だった智明さんはプレゼントをもらったりお祝いを言われたりして、とてもうれしそうでした。おめでとうございます(^^)
次回のライブはJulianとの対バン。両方とも大好きなので、今からわくわくしています。
posted by kana at 21:31| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月29日

薔薇色の視界 in 日比谷野外大音楽堂

4/22、D'ERLANGERの復活ライブに参加することができました。
オリジナルメンバーでの17年ぶりの復活。チケットはプラチナチケットと化し、一時は諦めていたにもかかわらず運よく譲っていただくことができました。
夕方に日比谷公園に着くと、リハの最中らしく漏れ聴こえてくる大音量とkyoちゃんの声。思わず胸が高鳴りました。
公園内はすごい人でびっくりしつつ、席について待つこと十数分。
幕が開いて始まったのは「LA VIE EN ROSE」。思わず「きゃー!!!」と叫んでしまいました。
2曲目以降も懐かしい曲のオンパレード。新譜からのナンバーが多いのではないかと思っていただけにうれしい驚きでした。
金髪をつんつん立て、濃いメイクにフリルのシャツに細身のスーツを着たKYOちゃんはやっぱりうまい。煽りつつシャウトしつつ、でもしっかりと聴かせてくれます。
ものすごくかっこいい。やっぱり日本一好きだな(*^^*)
CIPHERさんは相変わらず端正なお姿で、胸に響くギターを聴かせてくれました。パープルのギターが似合っちゃうところがすてきです。「一郎さん」じゃなくて「CIPHER」と叫べるのがうれしい。
SEELAさんは渋い。ベースの音が野太くて大好きですが、コーラスもすてきで大好きです。
この目立ちまくる3人の後ろで、もしかしたらもっと目立った音を出しているのにうまくまとめているのがTETSUさん。
パーツがたくさんあるドラムセットの中央で力強く軽快に、すごく楽しそうに叩く姿は健在でした。
聴いているだけでTETSUさんだ(^^)とうれしくなっちゃう音です。
「東京!」と何度も何度も連呼していたKYOちゃんはすごくうれしそうで、「今日は特別な夜です。17年間閉じてた扉が開く夜です」というMCには、解散ライブを経験していないにもかかわらず胸にこみ上げてくるものがありました。
17年ぶり。奇しくもKYOちゃんの大好きな、そして私も大好きなHANOI ROCKSと同じ期間をおいての復活。
この夜を私たちもめいっぱい楽しみましたが、メンバーさんも楽しんでいたと思います。
アンコールは2回。最後の曲をやるとき、KYOちゃんが「この曲を聴かないと終われないだろ」と言いました。
始まったのは「MOON AND THE MEMORIES」。CIPHERさんは満面の笑顔でステージぎりぎりまで出てきてギターをかき鳴らし、TETSUさんはドラムセットごとせり上がり、SEELAさんはコーラスをしてくれ、KYOちゃんは夜空を指差しながら私たちをあおり、それに応じて私たちは何度も何度もサビを絶叫しました。
会場に入れなくても、外の公園内で音だけ聴きながら復活を祝った方もいらっしゃったようです。
ほんとうにお帰りなさい。解散間際にD'ERLANGERを好きになってしまった私にとって、この日は夢に見たライブ。とても幸せな夜でした。
このライブの模様は、DVDとして9月に発売される予定だそうです。
posted by kana at 00:16| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月22日

THE FROM NOTHING REVIEW in 下北沢 CLUB251

4/19は下北沢にJulianを観に行きました。
4バンド出演のうちの2番目ということで急いでライブハウスに着いたら、ちょうど始まる直前でした。
いきなりテンション高めの曲を続けざまに演奏して、MC。「短い時間でも全力投球」だそうです。そのためにはみんなの力も必要だそうで、「心のパンツを脱いでください」と(*^^*)
hironoさんはサングラスにスーツに赤いギター、私はこの姿がとても好きで、特にサングラスをちょっとおでこに上げているところが一番好きかもです。
ドラムのWDさんの実体験をもとに作られた「GECHENA LOVE」はとてもかわいらしい恋の曲。ついついWDさんに注目してしまいます。
WDさんのドラミングは魂の響きみたいな感じで好きだな。まさに全力投球!という感じがします。
今回はsebataさんもきちんと観たくて少し後ろで観ていたのですが、sebataさんは渋いですね。テンション高くて煽ってくれたりするのですが、全体的にとっても渋いです。
2回目のMCではサングラスを外したhironoさん、「前髪が中途半端で外さないでおこうかとも思ったけど、みんなの顔が見たいから外しちゃいました!」と(*^^*)
かっこいい新曲もやってくれて、一度聴いたら心に残る「たそがれレインボーJACK」も聴けて、最後は「HIGH TIME」で盛り上がって。
あっという間でしたが中身の濃いライブでした。
3番目はThe Wells。11年ぶりに再結成したとのことですが、どこかで観たような・・・。
後方に下がって観ていようと思ったのですが、始まったとたんに「かっこいい」と思わず前へ(笑)
ボーカリストさんもベーシストさんもドラマーさんも魅力的な声と音とパフォーマンスでしたが、私は特にギタリストさんにはまってしまい、途中からほとんどずっとギタリストさん観てました。
音がとっても好みで、音の粒がそろっているというか、そんな感じの音でした。いいもの聴いた〜♪
4番目はこのイベントを主催したTHE VANILA
このバンドも昨年再結成したそうです。サポートギターが元sepaの大槻隆さんだったので思わずそのまま前で観ることに。
サポートとは思えないくらいの大槻さんのパフォーマンスでした。ボーカルの灰二さんとは絡みながら弾くし、その他のメンバーさんともアイコンタクトしながら終始にこにこ楽しそうだし、腕はぐるぐる回すし。さすがです。
途中で灰二さんが引っ込んで、特別ゲストのLUCYさんが登場。
LUCYさんのボーカルは女らしいけど力強くてかっこいい。とてもすてきでした。
最後はhironoさんを呼び込んでセッション。hironoさんと大槻さんの絡みはすごかったな。どっちも観たい!という感じでした。
1曲やった後、hironoさんが「ラストは日本語の曲をやりたいと思います。みんなも知ってる曲だと思うので」と始まったのは、尾崎紀世彦さんの「また逢う日まで」(笑)
意外と(?)はまっててかっこよかったあ! ついつい全部歌えてしまいましたですよ(^^;
観れた3つのバンドとも、タイプの違うギタリストさんをたっぷり堪能した一日でした。
posted by kana at 23:29| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月17日

ハラハラドキドキなニュース vol.5

この方々はほんとに話題がつきません、GUNS N' ROSES(笑)
スラッシュ、ガンズの再結成に乗り気」。
スラッシュの言うとおり、「楽しむため」なのだったら実現しそうな気も・・・したりして・・・。
来日とニューアルバムとオリジナルメンバーでの再結成、それが1番早いかな?などと考えてしまったりします(^^;
posted by kana at 22:49| 東京 ☔| Comment(1) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

楽しみでうれしいニュース vol.2

2007/4/11、44MAGNUMのオフィシャルページにうれしいコメントが載りました。
復活」。
お帰りなさい! ほんとにほんとにお帰りなさい!
若年性パーキンソン病をカミングアウトして闘っているPAULさん、すごいと思います。
時間がかかってもいいしゆっくりでもいいです。
また活動してくれるって、とってもうれしい。頑張ってください!
もう1つうれしいニュース。
BON JOVIのニューアルバムの詳細が発表されました。日本先行発売のようです。
第一弾シングルがオフィシャルページで試聴できます。派手でノリノリなのではなく、しっとり聴かせる曲です。来日も近づいてきましたね♪
posted by kana at 22:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月15日

THAT 70's SHOW in 目黒LIVE STATION

4/14、予定外でしたが当日券にて久しぶりに目黒LIVE STATIONでライブを観てきました。
カバーバンドばかりが出るイベントです。
1番目はエアロざます。。ツインギターとドラムが女性、ベースとボーカルが男性という5人組。「ギャルバンド」なんていう冗談がおかしかった。噂には聞いていましたが観たのは初めてです。
エアロスミス大好きなので思わず盛り上がっちゃって、ヘドバンしたら首が痛くなってしまった(^^;
2番目がお目当てでした、CheaSS。名前からお分かりのようにCheap TrickとKISSのカバーバンドなのですが、メンバーがすごい。
Vo&GのPaul Zander(Naoki)さんは廣嶋、PSYCHO CANDIEの嶋田直樹=VISCOさん。
GのRich Frehley(Onochin)さんはJET LAG MAKERSのギタリストさん。
DsのBun E. Criss(Cozi)さんはFURSのドラマーさん。
そしてBのGene Petersson(Heesey)さんは元THE YELLOW MONKEYの広瀬"HEESEY"洋一さん。
メンバーさんが出てきてすぐにテンションは高め。HEESEYさんの煽りでますます上がって、私たちは前日の余韻もあって(^^; Coziさんでテンション上がって、廣嶋ともPSYCHO CANDIEとも違う感じの嶋田さんにも上がって。
カバーバンドなのですが、しっかりとオリジナリティがあるというか、自分たちのものにしているところがさすがだなと思いました。
まんまカバーじゃないから余計にそう思うのでしょうか。
Coziさんは黒いTシャツ姿。Heeseyさんのプレゼントだそうで、銀色のアトムの顔がモチーフになっていて、Heeseyさんがアトムの主題歌を歌いながら紹介していました(笑)
立ち上がって胸を張るCoziさんはいつもと少し違ってかわいくてよかったな〜。
叩いている姿はやっぱり激しめですが、途中では笑顔がいっぱい観れて、この日一日でCoziさんを余計に好きになっちゃいました(ミーハー)。
Onochinは初めてライブで観るのかな?・・・違ったらすみません・・・。
細いなー・・・という印象でしたが、弾く姿も煽る姿もなんだか骨太な感じがしました。不思議。
嶋田さん、いや、Naokiさん?はこの日も相変わらず男前でした。
最前列にいたお子さんを気遣ってみたり、CheaSSのシールをTATOOみたいに腕に貼っている人に「いいね」と目配せしていたり、後ろにも目をやって煽っていたり、Onochinとのピック交換ではうまくいった瞬間に白い歯見せて笑っていたり。
弾いていたギターを掲げたので思わず観たら、HIROKIさんがKILLERSで使用していたきらきらのギターだったり。
ピックもいっぱい投げていて、サービス精神旺盛の嶋田さんの魅力をたっぷり堪能できました。
嶋田さんが「もっときゃーきゃー言って」と言った後のみんなのきゃーきゃーは、鼓膜がしびれるくらいの黄色さでした(^^;
ギターボーカル、ほんとにかっこよかったです。やっぱり嶋田さんは何やってもはまるお方です。
Heeseyさんはもうすぐお誕生日ということで、嶋田さんの合図でみんなで「HAPPY BIRTHDAY」を歌いました。
「チーッス!」でみんなと掛け合ったり、「気持ちいい」と何度もみんなに叫ばせていたり、おもしろくてエロくてかっこいい。
演奏もほんとに楽しそうで、煽りも激しくて、久しぶりでもやっぱりHeeseyさん好きだな〜(^^)という感じでした。
とはいえ、センターのお2人に見入りすぎちゃって他のお2人があんまり見れていないのも事実です(><)
次のときはしっかり観なきゃ。
3番目は深紫。DEEP PURPLE<第3期>のカバーバンドです。
諸事情で最初の方は観られなかったのですが、私はこの頃のDEEP PURPLE大好きなので、ツインボーカルによる「SMOKE ON THE WATER」とか「HIGHWAY STAR」が聴けてうれしかったです。
リッチーおじさまの胸毛も健在・・・と思ったら、付け毛だとか(笑)
MCはゆるゆるな感じですが、<第3期>と限定しているだけに演奏はかなりこだわった感じでした。
カバーバンドのライブも楽しいですね。めちゃくちゃ楽しかったので、また行けたらいいな♪
posted by kana at 21:03| 東京 ☁| Comment(2) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

FURS presents 「POP TRIP」 in 下北沢 CLUB QUE

4/13は仕事帰りに下北沢にてFURSのライブでした。
入ったら一つ前のTIMESLIP-RENDEZVOUSが演奏中。ライブで観るのは初めてです。
MCではメンバーの自己紹介のはずが職務質問の話からsuicaの話まで、なんだか雑談のような雰囲気に(笑)
コーラスがすてきだったり口ずさめそうな曲だったりで、肩の力が抜けていい感じのライブでした。
MCで「表にあるガチャガチャ、バンドとメーカーのコラボなんですけど、通常100円のところ、アンケート書いてくれた人はただでできるのでぜひアンケート書いてください。」と言っていて、これが次のFURSのライブでも引き合いに出されるのですが、これは後のお楽しみ。
そしてお目当てのFURS。SEがいつもと違って、出てきたNaoさんもなんかお辞儀したりしてちょっといつもと違う雰囲気?ですか???
でも始まったら一気にテンション高いステージだったNaoさん。MCでいきなり「訛りすぎやろ」とMattyさんのチェック。
今年は「とっぽい」感じで行きたい、と一生懸命喋っているのに「『あのー』(口癖みたいです)禁止!」とMattyさんに言われちゃってからは余計にカミカミに(^^;
「チューニング終わったからもういいよ」なんて意地悪を言われつつ、「話したいことがある」とすごく丁寧に喋ってくれて、やっと話し終わった!頑張った!とみんなでほっとしたら、Mattyさんに数秒で要約されちゃってました。か・・・かわいそう(笑)←あっ。
つまりは、前述のTIMESLIP-RENDEZVOUSのガチャガチャにNaoさんのピックも入れておくので、やったら当たるかもなのでよろしく、ということだったみたいです。
Naoさんのタンバリンもマラカスも足挙げもパフォーマンス全部好き。モニターに足かけた瞬間に滑って「あれ?どこ行った?」みたいなのも好き(笑) アンコール中にシャツがはみ出したのを気にしているところも好き(笑)
アグレッシブだけどかわいいNaoさん、たっぷり堪能させていただきました。
智明さんはこの日もとってもアグレッシブ。動き回って跳ねまくってMCでも喋ってくれました。
上手にも結構来てくれたのでよく見えましたが、ギターがスピーカーやマイクスタンドや顔に当たりそうなくらい振り回す振り回す。
赤いシャツに白いネクタイもお似合いです。
智明さんが作ったという新曲も披露されたのですが、ギタリストっぽい感じの曲ですてきでした。新曲でも自然とのれてしまうのがFURSの曲の不思議だけど魅力的なところです。
Mattyさんはこの日も大人の魅力というかちょい悪というか(笑)
Naoさんには前述のとおり突っ込みまくり、coziさんとはアイコンタクトしながら弾いて、智明さんとは絡みつつ弾いて、くるっとターンしてピック投げて。
Mattyさんのベースも好きなんだなー。ピック弾きと指弾きと使い分けているのも好きです。
そしてこの日、私たちの仲間内で1番の人気だったのはcoziさん。もう何度も観ているはずなのですが、改めて白いシャツがお似合いで、ちょっとはだけた感じがセクシーで、みんなでノックアウトされました(笑)
ちょっと伏目がちで、けだるい感じで、でも叩くととってもアグレッシブ。そんなギャップがすてきなドラマーさんです。思わず凝視してしまった・・・。
そんなこんなでますますFURSが好きになってしまった日でした。
次も楽しみ〜(*^^*)
posted by kana at 17:41| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

LORDI in Shibuya O-EAST

4/9、LORDIのライブに行ってきました。
LORDIとは、フィンランドのモンスターメイクのバンドで、外見とは裏腹にメロディアスでキャッチーな曲が多いバンドです。
始まるときもなんだかメロディアスで、全体にストーリー性がある感じ。
1曲1曲の間にボーカルの人が袖に下がって、ギターやベースやドラムが間をつないでいる間に小道具や衣装をちょっと変えたりして出てきてまた歌う、というステージでした。
小道具はいくつもありましたが、チェーンソーとかぴかぴか光る斧とか翼とか、もっと振り回したらいいのに・・・危ないのかしら(^^;
ギターの人、動きがめちゃくちゃロックでいい感じでした。
ベースの人、MCがエフェクターかかってて何喋ってるか分からないのですが(^^; とりあえずみんな「わー」とか「おー」で答えておきました(爆)
ドラムソロはMotley CrueとかSKID ROWとかDeep Purpleとかマリリン・マンソンとかを織り交ぜていました。曲が分かるだけに客席の反応も良く。
1時間半弱のステージでしたが、もっと観たような感じもします。
いやー、遊園地とかのアトラクションを観続けた感じ。おもしろかった。
UDOのページにセットリストがアップされています。
posted by kana at 14:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月12日

ハラハラドキドキなニュース vol.4

やっぱりというか案の定というかなんというか・・・。
ガンズ・アンド・ローゼズ、メンバーの捻挫のため日本公演が延期に」。
クリエイティブマンのサイトでは、11日のお昼過ぎに発表になったようです。
メンバーの怪我では仕方がないとはいえ・・・機材は日本に到着していたというし・・・もうちょっとだったのにね(><)
アクセルが原因ではないところがちょっとびっくりなのですが、ほんとかなあ?なんて疑ってみたくもなってしまったり(^^;
振替公演は7月以降とか。その頃には新譜についてもう少しはっきりしたことが分かったりしていればいいな。
何はともあれ、アクセル・ローズ健在!なところを見せてくれたような、そんな気もする、でもとっても残念なニュースでした。。。
posted by kana at 00:45| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月05日

伝説になった人たち

CD Journalのサイトには、「今日は何の日!?」というコーナーがあるのですが、4月5日は伝説になった人たちの名前が並びます。
1994年4月5日、NIRVANAのカート・コバーンが散弾銃で自殺しました。人気絶頂期での自殺はものすごい衝撃でした。
やっとNIRVANAを好きになり始めていた時期だっただけに残念で残念で。ドラッグはよくないと、改めて思った彼の死でした。
1998年4月5日には、RAINBOWをはじめ多くのバンドに在籍した偉大なドラマー、コージー・パウエルが事故死しました。
スピード狂だったという彼らしい死だったのかもしれませんが、本当に惜しい。今映像を観てもなんとも言えずかっこいいし、華のあるドラマーさんです。
まだ生きて、叩いていて欲しかったなと、いつも思うのです。
そして・・・もっとさかのぼって1988年4月5日は、BOΦWYが解散した日です。
氷室京介(Vo)、布袋寅泰(G)、高橋まこと(Ds)、松井常松(B)。最強の4人だと思います。今彼らのライブ映像を観ても、ちっとも色褪せずにかっこいい。
4人とも今でもそれぞれに活躍中ですが、あの4人の作り出すライブを、一度でもいいから生で観たかったし、また観れたら幸せなんだけどなあ・・・と毎回悔しくなります。
そんなBOΦWYに関するニュースがひとつ。
高橋まこと、自著でBOφWY解散の真実を語る」。
純粋に読んでみたいなと思います。どんなことが書いてあるんでしょうか。
posted by kana at 22:03| 東京 ☀| Comment(2) | TrackBack(0) | 大切な日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月04日

Back To The 80's vol.2

80年代好きにはたまらない来日情報が続いています。
今月はEUROPEにGUNS N' ROSES、6月には元SKID ROWのセバスチャン・バックNIGHT RANGERが来日します。
1996年にオリジナルメンバーで再結成したNIGHT RANGERは新作を携えての9年ぶりの来日だそうです。ただし残念ながらジェフ・ワトソン(G)は来日メンバーに含まれていない模様とか。
それにしても本当に今年は来日ラッシュですね。80年代に限らず新しいバンドも続々来日するので、どれに行こうか迷ってしまいます(^^;
posted by kana at 22:12| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月02日

生粋のフロントマン

フィンランドのヒップホップアーティスト、Beats and stylesのアルバムにHANOI ROCKSのマイケル・モンローが参加しているのですが、先日PVがオフィシャルサイトで公開されました。
以前にも「Renegades(Funk You Up!)」という曲にモンちゃんがボーカル、ギター、ブルースハープ、サックスで参加して、PVにはモンちゃんだけでなくアンディも参加していたことがあります。
新しいPVも楽しみに観たのですが・・・これは完全に「モンちゃんの」PVですね(笑)
全面で歌って、ドラム叩いて、ブルースハープ吹いて、マイケル・モンローバンドといっても過言ではないほどです。
さすが、モンちゃんは華があるというか、フロントマンの中のフロントマンですね(^^) 大好きっ。
posted by kana at 21:55| 東京 ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年04月01日

ハラハラドキドキなニュース vol.3

再結成が実現したThe Police、ツアーも発表されて日本にはいつごろ来るのかと思っていたのですが、どうやら来年の2月だそうです。
ポリス、2008 年2月に来日決定!」。
自らが監督した彼らのドキュメンタリー映画、「ポリス インサイド・アウト」のプロモーションで来日したスチュアート・コープランドが記者会見で明らかにしたとか。
来年・・・ずいぶん先ですね・・・その間、何事もないことを祈ります・・・。
posted by kana at 21:09| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。