2007年01月21日

FURS presents「Bitter Sweet Soul vol.7」 in 下北沢 CLUB QUE

1/20はFURSの2007年初ライブ。ボーカルのNAOさんのお誕生日でもありました。
JUICEのタシロックさんによるDJで始まったイベントは、3バンド出演。
1番目はLeon & Grover。Vo&Gが2人いて、Gの1人がキーボードも弾いたりしての4人編成バンドでした。
Vo&Gの1人がカナダ人で、お客さんの中にも友人の外国人のみなさまがたくさん。背が高くて前に立たれると見えなかったりして(笑)
このマイクさんの声がなかなかすてきで、自然な感じで他の楽器の音とマッチしていました。
間のトークのちぐはぐさも計算なのかそうではないのか、不思議な感じ。でもかっこいいしのりやすい。肩の力が抜けているんですがかっちり演奏もする、またどこかで観てみたい感じのバンドでした。
この後、DJがSepaの大槻隆さんに交代。
2番目のバンドはtae
曲も演奏もかっこいい。外国人のみなさまもノリノリでした。気がついたらお客さんもかなり増えていました。
ドラムのミンゾクさんのMCがおもしろくて、思わず大笑い。こういうノリ、好きだな(^^)
あっという間のステージに感じてしまいました。初めて観るバンドでしたが、観れてよかったなと思いました。
そして最後はFURS。メンバーさんは全員黒いスーツで決めていてかっこいい(^^)
赤いシャツのNAOさん、マイクを振り回してかっこよくキャッチ・・・のはずがぽろり(^^; 相変わらずお茶目です。
KINGこと智明さんはほんとにすてきな人です。ジャンプの格好の形がきれいですばらしいし、弾く音はかっこいいし、笑顔もすてき。ただでも目が行ってしまうのに、それでも「見て見て」と言わんばかりに前に出てくるところもすてきです(^^)
coziさん。存在感あるドラマーさんです。ちょっと眠そうな(←失礼)目がセクシーです。アコースティックギターから始まる曲のときはMattyさんと目を合わせながらリズムを取っていたり、速めの曲ではシンバルを手で押さえて止めたり、動きは結構激しいです。
Mattyさん。ステージだとステージの顔になります(笑) ピックでも指でも弾いて、ターンもするし智明さんに合わせてジャンプもするしNAOさんと並んで立ったりするし、すごく目立つ。
・・・はずなのに一番控えめに見えるのはなんでなんでしょう(^^;
MCでNAOさんが、「CDの中からの曲を1曲もやってないんだけど」・・・いや、最初の曲はCDのタイトル曲だったのでは(笑)
次の曲はそのCD収録の「星に誓おう」だったので紹介のために言っていたらしいんですけどね(^^; またしてもお茶目さんです。
智明さんがMattyさんの頬にキスして、Mattyさんが「汚ね!」と言えば、キスした方の智明さんは「おえっ」(笑)
アンコールでは「あっけなく」出てきたMattyさんの呼び込みでSepaの大槻さん登場。
「3月にLa.mamaでワンマンやるから、みんなで観に行こう!」とはMattyさん。
この日のワンマンで解散なんですもんね・・・大槻さんの笑顔がやさしくてなんだかほんわかしました。
セッションの前に2/15のライブ告知をしたNAOさんに、Mattyさんが「19日のも言っといて」。
「ああ・・・4月19日?」
「2月!」(笑)
な・・・NAOさん・・・。しまいにはMattyさんに「冴えとらん」とまで言われてしまったNAOさんなのでした。お誕生日おめでとうございます!(笑)
セッションは、大槻さんの独壇場みたいになっていました。ぐるぐる腕を回す大槻さんに対抗してか、智明さんまで腕をぐるぐる。
前に出てきた大槻さんとMattyさんの足にコードを踏まれたらしいNAOさん、マイクの長さが足りずに苦労しながら歌ってました(^^;
最後は大槻さんとMattyさんががっしり握手。
すごく楽しい、FURSらしいイベントでした。今年はたくさんFURSのライブに行けるといいな。
posted by kana at 17:57| 東京 ☁| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月18日

KAJINAGA DAISHI in Shibuya O-West

1/16は梶永大士さんのワンマンライブに行ってきました。
Psycho le cemuのボーカリストだった大士さんと、ソロの大士さんはイメージが違う感じです。
クールな衣装に身を包み、煽りながら演奏するメンバーさんたち。
でも、Psycho le cemuと勝手が違うからか、最初はなんだかおとなしい印象でした。すごく派手にのると思っていたので戸惑ってしまいました。
戸惑っていたのは私よりもメンバーさんたちだったようで、大士さんはMCで一生懸命煽っていました。
それに応えるかのように、だんだんボルテージが上がってきて、最後の方はダイブ続出、押し合いへし合い、大騒ぎ。
その後ろで私はその様子を楽しんでしまいました(^^;
ギターの菅大助さん、ほんとに観るたびにかっこいいです。すてきな人だなあ。。。あんまりよく見えなかったのがちょっと残念。
ドラムのSHINGOさんはあんまり観てないんです(><) でもたまに見える表情はかわいかった。
HIROKIさんは黒のスーツにシャツの襟を大きめに広げていてすてきでした。
煽りつつ飛び跳ねつつ、最後はベースを振り回した挙句にマイクスタンドに引っ掛けて倒しちゃったりして(^^;
アンコールは本編の最初からやり直し。
この日はグッズ発売の日だったのですが、大士さんがその中のタオルを持ってきて、
「『GOD JAPANESE MONSTER』のサビところで投げてみてもいいんちゃうん」(関西弁間違ってたらごめんなさい)。
矢沢永吉のライブっぽくしてみてほしいそうです。
「俺の夢、叶えてくれ」と言われてみんな頑張ってました。タイミングとかはこれから合わせていけばいいよね(^^)
アンコールは本編以上に盛り上がりを見せ、大士さんもすてきな笑顔が出ていました。HIROKIさんはしきりに投げキッスしながら去っていきました。
あ、HIROKIさん作曲の「マリア」、イントロ聴いてすぐに「これだ!」と分かる曲でした。HIROKIさんらしい曲で私の大好きなタイプの曲です(^^)
大士さんのライブはまだまだこれから一体感とか楽しみ方とかが作られていくような、そんな感じのライブでした。
「小さいところからちょっとずつやっていきたいねん。いきなりこういう大きいところは嫌やねん。」
と言っていた大士さん、自分のライブスタイルを着実に作って行きたいのかなという感じがしました。応援したいなと思いました。
2月にはアルバムが出るし、5月にはツアーも決定したし、今回は初めてのフル参加だったので様子見しちゃいましたが(爆)、次からはもっと気楽に楽しみたいと思います。
posted by kana at 23:49| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月14日

デジタル・リマスター版 vol.8

CD Journalのニュースより。
フォリナーの諸作品が紙ジャケに」。
うう・・・デヴィッド・ボウイの紙ジャケシリーズが出たばかりだというのに。
3月に来日する、というのは先般ご紹介したとおりですが、それに合わせるかのように2/28発売予定です。
これは・・・買って予習しなさい、ということですね(^^;
7タイトルのうち、デビューアルバムから「4」までは、日本では発売されなかった2002年のリマスター音源を使用していて、しかも各作品にボーナストラックが追加されているそうです。
うーん、余計に購買意欲をかきたてられますね(^^;
とりあえず「オリジナルの窓アキ特殊ジャケットを再現する予定」という魅力的な響きのあるベストアルバムは買おうかな、などと思っている不届き者です。。。
posted by kana at 22:56| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月13日

I LIVE PUNK in 初台The DOORS

1/12はAGE of PUNKのワンマンライブでした。
「HAPPY NEW YEAR」を何度も繰り返していたASAKIさん。MCもコンパクトにまとめたかったらしいのですがどうもそうはいかなかったようでした(笑)
相変わらず漫才みたいにおもしろいMC。
演奏のときは1曲1曲声のニュアンスを変えたり、ギターをかき鳴らしたりとほんとに器用な方です。
黒髪モヒカンで怖めのメイクなのですが、いつも楽しそうでかわいらしいです。
OKAZAKIさんは途中で「今年もよろしくお願いしまーす」。穏やかな笑顔がすてきなドラマーさんです。前にいるメンバーさんとのアイコンタクトのときもとても穏やか。でも、「のらないと置いて行っちゃうよ〜」なんて、煽って(?)たりもしました。
私のお目当ては実はサポートメンバー、というHIROKIさんなのですが、相変わらず全然サポートという感じがしません(笑)
モノトーンカラーの衣装が似合っててかっこよかったな。客席を観るときは笑顔なのですが、真剣にベースを弾くときの口をむすんだ真剣な表情や、汗が入るので目をつぶりながらコーラスしているときの表情や、上目遣いに鋭い視線を向ける表情も大好きです(^^)
うれしくていっぱい観ちゃった。
ラストの方で、なぜかASAKIさんがしゃがんで後ろを向き、OKAZAKIさんが情けなさそうな表情に。理由はアンコールで明らかになりました。
マイクにぶつかって差し歯が取れたとか(^^; 気づいた人いなかったみたいなのに、自分から暴露してました。
HIROKIさん「差し歯の人は気をつけないとね」。
ASAKIさん「歯医者行ってこよう」。
HIROKIさん「俺も行こう」。
ASAKIさん「じゃあ俺も」(笑)
アンコールはやまずに2回目。ASAKIさん以外の3人が先に出てきてスタンバイ。
「とっとと出てきちゃったけどいいのかな」
「ASAKIは?」
「差し歯治してるんじゃないの」
「やっちゃおうか」
「誰が歌うんだ」
「歌いたい人がここにいるしー」
と、指されていたのはHIROKIさん(笑)
「センター大好きだもんねー」とも言われていました。
「すぐ調子に乗るから」と自嘲気味なHIROKIさんでした。
その後、ASAKIさんが出てきてアンコール2回目。ほんとにセンターに出てきていたHIROKIさん、戻ろうとしたところをASAKIさんに引き止められ、センターでツーショット、なんていう場面もありました。
投げキッスをしながら退場したHIROKIさんと、みんなに握手しながら「ありがとう」と去っていったOKAZAKIさん。
それでもやまないアンコール(笑)
出てきたASAKIさん、マイクを手にとって袖に隠れ、「本日の公演はすべて終了です。差し歯、抜歯にお気をつけの上・・・」とアナウンス(笑)
いっぱいに手を振って、笑顔で去っていったのに、いなくなったとたんにまたしても「アンコール!」(笑)
出てきたASAKIさんが放った一言は、「お前ら、もう帰れ!」(笑)
「帰ってください、お願いします」だって。
全部で21曲演奏したらしいです。パンクは曲が短いですからね(^^; お疲れさまです。楽しかったー(^^)
インストアイベントもあるし4月には名古屋・大阪ツアーも決まったし、5月はまたイベント企画中らしいし今年はアルバムを出したいらしいし、A.o.Pの2007年は充実したものになりそうです。
posted by kana at 15:32| 東京 ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月11日

My Chemical Romance JAPAN TOUR 2007 in Zepp Tokyo

1/10は待ちに待ったMy Chemical Romanceのライブでした。
が。当日ぎりぎりになってクリエイティブマンから入ってきたニュースは・・・
「ギタリストのFrank Ieroが急病により帰国せざるを得なくなってしまったため、急遽サポート・ギタリストが来日することになりました」。
えええーーー!?
続いて、
「また上記の理由によりリハーサル時間などに大幅な変更が生じたため本日の開場・開演時間を『開場:20時45分(予定)』、『開演:21時30分(予定)』と変更させていただきます」。
えええええーーーーー!?
それでもとにかく始まったマイケミのライブ。1曲目からすごい歓声と突き上げられるたくさんの腕。ジェラルド・ウェイ(Vo)のパフォーマンスに煽られて、テンションはあっという間にMAX状態でした。
最初のMCで、ジェラルドが通訳をステージに呼び込んで、フランクの急な帰国についての説明とサポートメンバーの紹介をしてくれました。
ゆっくり分かりやすく発音してくれたので英語だけでもほとんどの人が分かっているようでしたが、それでもきちんと全員が理解できるように通訳を介すあたりに、誠実さを感じました。
その後はニューアルバムの曲を中心に、以前のヒット曲なども織り交ぜて演奏してくれました。
マイキー・ウェイ(B)の音が途中まで定まらなかったようで、何度もスタッフの人が出てきて耳打ちする場面が見られました。ちょっとかわいそうだったな。
レイ・トロ(G)はほとんどずっとヘドバンしながらのプレイ。そして高音のコーラスがすてきです。
曲間やイントロでは、ボブ・ブライヤー(Ds)が叩く小気味のいいリズムが光っていました。
ジェラルドのジェスチャーに合わせて、ほぼ満員の会場が同じように動く。
「Welcome To The Black Parade」でジェラルドがマイクを向ければ、全員が合唱する。「I'm Not Okay」でジェラルドがポーズを決めれば、大歓声が上がる。
最後は「HELENA」で客電もつき、会場全体が一体になっての大盛り上がり。
約1時間と短いステージでしたが、みんなで一緒にジャンプして腕を突き上げて叫んで合唱して一気に楽しんだ、そんなライブでした。
フランクの病状が心配ですが、今度また来てくれたときは、フルメンバーでまた一緒に楽しめたらいいなと思います。
posted by kana at 22:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月07日

再結成 vol.8

BARKSのニュースより。
'06年洋楽アーティストの面白コメント集」。
もっとおもしろいことを言っている方々もたくさんいらっしゃるような気もしますが。。。
ここで挙がっている中で一番のヒットは、やはりスティングの「つまらない」でしょうね(^^;
ある意味非常に正直な方だなあ、と。。。
ところでスティングといえば、先日いきなり飛び込んできたこんなニュース。
スティング率いるポリス21年ぶり再結成か」。
今まで何度か活動再開の話はあったものの、なにやかやで空中分解してしまっている彼らですが、今回は大丈夫なのでしょうか。
ドラムのスチュワート・コープランドとギターのアンディ・サマーズは再結成に積極的で、スティングの決断待ちとか。
ほんとに実現して来日が決まったとしたら、来日してライブが終わるそのときまで再結成を実感しないような、そんな気もしますが(^^; ちょっと期待してしまいます。
posted by kana at 23:14| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月06日

ゆるゆるなニュース

CD Journalから、いかにもゆるゆるな感じのリリース情報が2つ。
ソラミミスト、安齋肇がCDリリース!」。
深夜の長寿番組「タモリ倶楽部」でお馴染みのソラミミストさんがCDを出すそうです。タイトルからして「ホャホャラー」って(笑)
この方、長いこと見知っているはずなのにどういう方なのか実はよく分かっていないのですが、興味津々です。
『内村プロデュース』DVD、続編3タイトルが一挙に登場」。
昨年1月に引き続き、リリースが決定したそうです。レギュラー放送終了が本当に残念な番組のひとつです。
あのゆるい感じ、深夜枠ならではのくだらなさときわどさ、大好きだったんだけどな。
今では番組再編時のスペシャル番組を楽しみに待つ日々です。
posted by kana at 22:32| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2007年01月01日

Good Bye 2006〜A Happy New Year 2007【U部】 in 渋谷La.mama

渋谷La.mamaでの年越しライブ、日付が変わってから行ってきました。
入ったときに演奏していたのはKAJINAGA DAISHI。サポートベースはHIROKIさん、ギターは菅大助さん、ドラムはSHINGOさん。大士くんのライブは初体験だったのですが、ファンのみなさまが楽しそうでいいな。後ろから観ていてこちらまで楽しくなりました。
これからいくつかのライブに行く予定なので、いい予習になりました。
次はMUSTANG'78。曲はかっこいい。演奏もかっこいいし音もいい。ところが歌詞とパフォーマンスがおもしろい。
1人芝居やら相撲やらハラキリやら、大笑いしながら楽しませていただきました。また機会があったら観てみたいです。
次がお目当て、廣嶋。前の方にも場所があったのですが、あまりにも近くてどきどきしちゃうので(^^; ちょっと下がってステップのところで観ました。
旗(っていつも書いてますが旗でいいのかしら・・・語彙が乏しくてすみません)を持ってきたのはVISCOさんと魔太朗さん。モニターの上に乗るとき、頭を気にする魔太朗さんがかわいかったです。客席に旗を広げたら、回収する人がいなくて結局VISCOさんが回収してたりして(^^;
魔太朗さんの頭はつんつんの上にねじっていてすてきです。ほんとにかっこいいです。何でも似合うっていいですね(^^)
hironoさんの頭もつんつん。こちらは長いつんつんで、「魔太朗プロデュース」とふざけてました。白い衣装がすてきです。
テンション高くてモニターの上で身を乗り出したら落下していたVISCOさん。ひとりひとり観ながら歌っていたような気がしました。
HIROKIさんは相変わらずすてきな笑顔で、ステージ中央に来る回数が多かったような気がしました。
「真っ赤な太陽」ではVISCOさんがHIROKIさんにマイクを向け、歌わせていました。歌詞を間違えつつ、笑いながら歌っていたHIROKIさん。「頑張った、HIROKI」とVISCOさんもにっこり。
ほんとにこの2人のツーショット好きです。寄りかかったHIROKIさんの肩に腕を乗せたり、顔を見合わせたり、いちいちきゃーきゃーはしゃいでしまいました(^^;
出だしのタイミングがうまく合わなかった「ロストワールド」(笑)
これでラストなのかなと思ったら、VISCOさんとHIROKIさんが「もう1曲やる?」の合図。始まったのは「アニーよ銃を取れ!」でした。これ、うれしかったなー(^^)
hironoさんの厄落としも観れて楽しい年明け一発目になりました。
続いてのTRANCEFORMERはとってもパワフル。でもあんまり観れませんでした・・・すみません(><)
REALLY NUTS。楽しんじゃいました。この人たち好きなんです。何度も書いていると思いますが、なんだかとっても好感が持てます。2007年はもっともっと飛躍してくれるといいなと思います。
HER CIGAR。ほんとにかっこよくなったなあとまたまた思いました。思わず引き込まれてしまうのはいつもどおり。
Suckさんかわいいなあ(しつこい)。観るごとにかっこよさが増して行く気がします。乗ってるバンドだなあと思います。
2007年はどうなるのか、すごく楽しみです。
終わったのは午前5時半ごろ。まだ暗かったですが、とっても幸せな気分の年明けになりました。今年はいい年になりそうです(*^^*)
posted by kana at 13:05| ☔| Comment(6) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。