2006年11月25日

デジタル・リマスター版 vol.7

CD Journalのニュースより。
デヴィッド・ボウイ、全17タイトルを3ヵ月連続で紙ジャケ化」。
「1969年から1989年までに発表された、デヴィッド・ボウイのオリジナル・アルバムが新たに紙ジャケット仕様で再登場!」
な、な、なんという魅力的なフレーズ(^^;
買ってしまいそうな勢いです。いやきっと買ってしまうでしょう。
第一弾は2007年1月10日発売だそうです。
デジタル・リマスターといっても、今回新たにリマスターするわけではないみたいで、今までのリマスター音源を使っているようです。
日本発ということで本国イギリスでもリリースが決定しているとか。何はともあれ、とにかく全部欲しいっ(笑)

posted by kana at 22:09| ☔| Comment(0) | TrackBack(1) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

IN CONCERT vol.2

以前ご紹介したCinderellaのライブDVD、「IN CONCERT」の日本盤発売が決定したそうです。
Cinderellaは今年の夏、POISONとのジョイントツアーをしていたりと当時のメンバーで精力的に活動中。
とはいえ、POISONともども諸問題で日本にはなかなか来てくれそうにありません(;;)
日本盤発売を機に、来日が実現しないかなあ・・・と切に願ってます。
posted by kana at 21:54| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月23日

LONDON BOOTS NIGHT in 渋谷La.mama

11/22、渋谷La.mamaで久しぶりに復活したという名物イベント、「LONDON BOOTS NIGHT」に行ってきました。
出演バンドは6バンド、バンドとバンドの合間にはモニターでグラムロックの懐かしい映像が流れていました。マーク・ボランの映像に思わず食いついちゃいました。やっぱりかっこいいな(^^)
1番手はLIE-DOWN。途中からだったのですがなんだかかわいいバンドでした。なんて書いたら怒られちゃうかなあ・・・。
2番手、the GRAPPS☆。久しぶりに観ました。Maggyさんが面白すぎ・・・ロンドンブーツも派手な衣装もきらきらメイクも似合ってました。オネエ言葉も似合ってました(笑)
RYOさんも濃いメイクしていたのですが、ほんとにオ○マに見えた(ごめんなさい)。
3番手、THE WIZARD'S HAT。今はcubicというバンドで活動している方々が以前結成していたバンドを一夜限りのつもりで復活させたところ、PSYCHO CANDIEの嶋田さんからこのイベントにお誘いを受けたとか。
cubicとはまったく違う音楽性とキャラクターだそうで、メンバーさんたちもすごく楽しかったみたいです。
ライブ後に外でメンバーさんたちがcubicのCDを配っていたのですが、その時も「楽しかったー」と言ってました。なんだかいいなあと心が温かくなりました。
4番手はTHE HUNDREDS
初めて観たのですが、パンチの効いたロックでかっこよかったな。ベースの方はどこかで観たことあるし、ドラムの方の筋肉はかっこいいし、とはいえボーカルのSASAさんのパフォーマンスや博多弁のMCも男っぽくてかっこいいしで、見所いっぱいのステージでした。
5番手HER CIGAR。いくつかのライブで対バンのはずだったのを見逃し続けていて、結構久しぶりのライブになってしまいました(^^;
なんというかこう、始まりから最後まで、「あれー?こんなにかっこよかったかな」というくらい彼らの世界にはまってしまいました。
このバンドの音は、ボーカルもギターもベースもドラムもすべてが主張しあうというか、共鳴しあうというか。すごく溶け合った感じの、ちょっと独特の雰囲気です。久しぶりに聴けてうれしかったな(^^)
トリがこの日のお目当て、PSYCHO CANDIE。メンバーさんが出てくるなり、貫禄が違った。ライブハウス中のテンションが変わった気がします。なんかすごいな。
嶋田さん(VISCOさん)は真っ赤なスーツに高いロンドンブーツ、羽を巻いて目の周りはラメラメ。すごく似合っていてかっこいい。
かっこよすぎてずーっと観ちゃったし、周りの友達とも「嶋田さん、かっこよすぎるよ〜」と言い合ってしまいました。
久しぶりのロンドンブーツは背が高すぎて、「下に物を落とすと取るのが大変」とか(笑)。
「でも昔はみんな履いてたよね?」
・・・はい、履いてました、そんなような前も後ろも高いぽっくりみたいな靴(^^;
津谷さんも目の周りラメラメ。銀のベースとマッチしていてすてきでした。衣装も相変わらずかわいい。あれ、なかなか似合う人いませんよ。いいなあ。
ベースはよく観たら弦が12本(たぶん)。あれ、結構力要りそうです。
にこにこと弾いて、コーラスして、一人一人の顔を見ながらうれしそうにう頷いて、すごくかっこいいベースを弾く津谷さんがやっぱり好きだな〜。
ギターの菅大助さん、嶋田さんに「すがだい」なんて紹介されてましたが(笑)、今回はきちんと観ようと思って隙を見ては一生懸命観てみました。
動きが派手とかではないですが、素敵なギタリストさんです。この日は濃いメイクをしていたのでちょっと雰囲気が違って新たな魅力でした。
そして・・・そしてまたしても、ドラムが全然観られず(;;) 来月のライブで頑張ろう(><)
最後はセッション。ボーカルを取るメンバーを嶋田さんが呼び込んで、さあ始めよう!と思ったら、Maggyさんが嶋田さんに何やらごにょごにょ。慌てた嶋田さんが楽器で参加のお二人を呼び込んでました。
「なんで楽屋にいるんだろうと思った、そうだやるんだ」だって(^^;
セッションは濃かったー(笑) どこを見ても誰かしらが何か面白いことをしていたり、抱きついてたり。
1曲終わったところで嶋田さんが「もう1曲行っちゃう?」。
ということでもう1曲。またしてもステージ上ではマイクを奪い合ったり飛び降りたり羽交い絞めにしたりキスしてたり(笑)
楽しそうな皆様を観ていたら、こちらまで楽しくなって、外は寒かったのですがずっと気持ちは暖かかった、そんなイベントでした。また来年もぜひやってほしいな。
posted by kana at 17:13| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月14日

春のフェスティバル

今年の春開催され、好評を博したクリエイティブマン主催の春フェスティバル、<PUNKSPRING>と<SPRINGROOVE>の第2回開催が決定しました。
<PUNKSPRING>に興味はあったものの不参加だったのですが、BARKSのレポや行った人の話によるとなかなかよかったとのことで、悔しい思いをしました。
参加アーティストなどの詳細はこれから少しずつアップされていくそうなので、チェックしなくちゃ。
これ以外にも、クリエイティブマンのサイトでは年明けの来日情報が続々とアップされています。しかも顔ぶれがとっても魅力的。
1月はMY CHEMICAL ROMANCE、THE KILLERS、TRIVIUM、EVANESCENCE、SUGARCULTなどなど。
そして2月はANGRAにWIG WAMなど。
全部行きたいのはやまやまですが、選ばないと(;;)
MY CHEMICAL ROMANCEとWIG WAMは、個人的に心待ちにしていたのでぜひ行きたいと思います。楽しみだなー(*^^*)
posted by kana at 22:22| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月09日

初のベスト盤

1992年にデビューしたイギリスのバンド、Jamiroquaiの初のベスト盤がリリースされました。
初回限定盤はなんと、PV13本が収録されたDVD付。新曲も入っています。
Jamiroquaiはジェイ・ケイ(Vo)を中心とするバンドで、軽快でダンサブルな音が魅力です。バンド名はアメリカの先住民にちなんでいるとか。
デビューした頃から音楽番組などで猛烈にプッシュされていましたが、実は私は当時そんなに好きではありませんでした。
というより、それまでのL.A.メタルが好きだった私には良さがまったく分かりませんでした。
ある日突然「あれ?いいかも」と思い始めたのは、「VIRTUAL INSANITY」のPVを観てからです。有名な「床が動く」PVも斬新でおもしろく、曲も軽快ですっと入り込めて、お気に入りになりました。
BARKSでは、ベスト盤発売を記念して、PV7本を公開しています
音楽も映像も斬新でいつ観てもインパクトがある、つい気になって目が離せないJamiroquaiワールドに、久しぶりにハマってみています。
posted by kana at 22:16| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | DVD | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月07日

きらきらアフロ vol.2

以前ご紹介したテレビ大阪の「きらきらアフロ」で結成されたバンド、KILLERSのデビューシングル発売が近づいてきました。
公式サイトでは試聴も始まり、PVも完成し、プロモーション活動がこれから活発に行われそうです。
ということは、HIROKIさんもいっぱい巷で観られるってことです(^^) うれしいっ(*^^*)
公式サイトにメンバーさんそれぞれのブログがオープンしました。どれも楽しいのですが、私としてはやっぱり、HIROKI☆KILLERのブログをぜひぜひみなさんに見ていただきたいです(笑)
posted by kana at 21:15| ☀| Comment(0) | TrackBack(0) | TV番組 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2006年11月05日

HYBRID GROOVIN NITE in 渋谷La.mama

11/4はJulianFURSのカップリングツアーファイナルでした。
アルバム発売に伴うツアーということで、両方ともしっかり予習して復習して臨みました・・・って当たり前なんですが(^^;
オープニングアクトはFrank Sugar Blanket。Blankey Jet Cityっぽい感じだなあと思っていたら、まさにブランキーとかのコピーからスタートしたバンドのようです。
MCはそっけなくて、がんがん曲を続けて押す感じ。何だか引き込まれる、そんなステージでした。
そしてJulian。全部で16曲かな?曲数が多くてうれしい。
hironoさんのMCはいつも楽しい。ほんわかしているのですが男らしくてかっこいい。
ファイナルなので「お礼を言うときはサングラス外さないと誠意が伝わらない」とおでこにサングラスを上げているのに、喋っているうちにつるんと滑り落ちる。また上げる。真剣に話し始めると落ちる。ついに「相性が合わない」と外してました(笑)
「新曲やります」と始めたのはFURSの「秋色」。びっくりしました。FURSと一緒に回ったツアーがほんとに楽しかったんですね。「ますますFURSが好きになった」そうです(^^)
Julianの曲は「Romantic」みたいに心に沁みる曲もあれば「The Wild Jet Coaster」みたいにヘドバンの曲もある。好き。
いつもはsebataさんやWDさんも観るんですが、この日はhironoさんのほぼ目の前の最前という場所だったために、あんまり観れず・・・ごめんなさい。
トリはFURS。メンバーさんの名前はオフィシャルサイトに載っている通りの表記にしよう(笑)
最初からかなりテンション高めでかっこいいすてきなステージでした。お返しなのか、Julianの「Gechena Love」を演奏してました。Julianが「秋色」をやったときもそうでしたが、そんなに違和感がなかったりして(^^;
「ロックンロール・スター」では事前に回ってきた打ち合わせどおり、メンバーさんを順番に指していったのですが、指差すとMattyさんやKINGさんはにこっと微笑んでくれました。
MattyさんとKINGさんが向かい合ってターンしたり、示し合わせてステージ袖に移動したり、NAOさんとKINGさんが真ん中で向かい合いながらギターを弾き合ったり、coziさんに目配せしたりして、観ていてほんとに心が温かくなるバンドです。
アンコールで出てきたMattyさん、飲んでいた缶ビールを自分の目の前にいた子にもらってもらえず、「そんなに俺のファンって思われるの嫌か」だって(笑) そんなことないんですけどね(^^;
アンコールはセッションで、NAOさんがhironoさんとWDさんを呼び込んでお2人登場・・・と思ったら、なぜか肉まんをほおばりながら出てきたhironoさん(笑)
「肉まんのおいしい季節になりました」・・・ってそうじゃなくて(^^; 
WDさんがギターで参加してのセッションは、すごく盛り上がって楽しかったです。どこ見ていいか分からなくて目移りしているうちに、Mattyさんのピック受け止め損ねてしまいましたが(^^; あとで拾っておきました。
この日のライブはもう1つ大事な見どころがありました。それは、DJが廣嶋、PSYCHO CANDIEのVISCOさんだったこと。
ビールを飲みながらCDをかけて、口ずさんでいる姿がかっこいい。かけていた曲を止めてしまい、周りから非難されて「うるせーなバーカ」(笑)
VISCOさんのかけてくれる曲は私も好きなものが多くて、うれしくて、バンドの演奏以外の時間も全然退屈ではありませんでした。
最初から最後まで楽しみつくした、とっても贅沢なライブでした。
posted by kana at 18:35| ☔| Comment(0) | TrackBack(0) | ライブ | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

オリーブの首飾り

2006年11月3日、フランスの指揮者で作曲家のポール・モーリア氏が亡くなりました。81歳だったそうです。
ポール・モーリア氏の代表曲といえば、「恋はみずいろ」などですが、やっぱり印象的なのは「オリーブの首飾り」でしょうか。
曲名を聞いてぴんと来ない方でも、手品でよく使われるBGM、といえばすぐに分かるのではないでしょうか。
死因は不明だそうですが、日本と本当に縁の深かった彼のご冥福をお祈りします。


posted by kana at 01:40| ☔| Comment(0) | TrackBack(2) | 大切な日 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。